セントラルの雨

意識を高めてゆく

2017/1/27 Dinosaur jr. JAPAN TOUR 2017 @EX THEATER ROPPONGI

f:id:cemetrygates1919:20170128002535j:plain

90年代ノイジーオルタナバンドの雄にして、現在進行系のロックバンド、Dinosaur jr.のライブに行って参りました。Dinosaur jr.は初参戦である!

セットリスト

  1. The Lung
  2. Goin Down
  3. I Told Everyone
  4. Love Is...
  5. The Wagon
  6. Watch The Corners
  7. Tiny
  8. Out There
  9. Feel The Pain
  10. Little Fury Things
  11. Knocked Around
  12. Start Choppin'
  13. I Walk For Miles
  14. Freak Scene
  15. Gargoyle

アンコール

  1. Just Like Heaven
  2. Mountain Man

(ネットの情報と自身の記憶を頼りに書いておりますが、記憶力に大変自信がございませんので間違っていたらすみません)

感想

まずさり気なく驚いたのが完璧に開演19時30分きっかりから始まったこと。普通遅れるもんでびっくりしてしまった……。
一曲目のThe Lungからハイテンションな演奏がひたすら続く満足なライブだった。
セットリストは新旧織り交ぜといった感じで、好きな曲もたくさんやってくれたので嬉しかった。名曲『The Wagon』『Out There』なんかはもうただひたすらに格好良くって思わず半泣きに。後者、イントロが強すぎるんだよな……。一方新譜の曲も多めだったけれど、こちらも過去の名曲に負けない瑞々しさを発揮していた。あと『Freak Scene』もとにかく大好きなので嬉しかった。いつ来るか……どうだ……とめちゃくちゃ待ち構えていたよ。

Vo/GtのJ・マスキスは、白の長髪を携えた仙人チックな見た目だったけれど、佇まいもまた静。一方のBa・ルー・バーロウとDr・マーフはなかなか激しかった。そんな中でアンプからはひたすら轟音が響いているから色々とギャップが面白い。パフォーマンスそのものはそこまで暴れてはいないのに、3ピースという最低限の編成に、そしてこの「音」のパワーの圧、なんともストイックさを感じて格好良かった。

Dinosaur jr.というとやっぱりエフェクターを多用したノイジーなサウンドがよく語られるけれど、実際生で体験してみると思った以上に心地よい。うるさいはずなのに全く耳障りじゃないんだこれが。流石に終わった後にはちょっと耳がやられていたけど。
ポップなメロディの弾丸を、砂糖菓子のように轟音でコーティングして聞いた人間の心を打ち抜く、これがDinosaur jr.の力なんだなと感動した。The Cureの『Just Like Heaven』の魔改造っぷりなんかまさにそんな感じだよね。これも大好きだったのでアンコールで聞けて嬉しかったなあ。やっぱり初参戦のライブは、あの曲が生で聞けた! っていうの感動しちゃう。今回のライブもまた、いい機会に恵まれた。

f:id:cemetrygates1919:20170128010608j:plain
グッズのTシャツも買ってしまった。なんだろうこのキモカワゆるぐだキャラは。あとよく見るとスケボーの乗り方が変だ。何だこれ。

(しかし、今日楽しかったからロックライブ熱が高まって、2月末のPixiesの来日、ちょっと行きたくなって来るな……。どうしようかな。)