読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セントラルの雨

意識を高めてゆく

『黒き淀みのヘドロさん』を購入したのだがそれはそうと模造クリスタル先生の描く女の子殺人的に可愛くない?

先日『金魚王国の崩壊』が気がつくと更新されていた。長らく続いたミカゼちゃんとユカちゃんのすれ違いにいよいよ決着が見え、よかったよかったと安堵すると同時に、憑き物が落ちたようなミカゼちゃんを見るとこの後晩御飯に続いてしまうのか気が気じゃなかったりする。どうかやさしいミカゼちゃんでいて……。(10-2の話)

www.goldfishkingdom.client.jp


さて、今日街を歩いているとそんな模造クリスタル(もぞくり)先生が単行本を最近出したのを知って思わず購入してしまった。
f:id:cemetrygates1919:20170323234336j:plain

特典はとらのあなのポストカード。




金魚王国に比べてキャラクターの輪郭がかっちりしっかりした感じになっており、よりポップでキュートな雰囲気に仕上がっていると思う。『金魚王国の崩壊』や『ミッションちゃんの冒険』などの代表作に共通する抽象的かつ不安感の強い作風も薄れてキャッチーさを増しているが、とはいえ黒魔術によってヘドロ人間が生まれる、といった展開のように不思議な雰囲気や、奥底に秘めた不穏な闇は健在。
レーンちゃんの語る、「悪より善を作るより他に手はない」というセリフが印象的だった。あらゆる物事は必ず表裏一体であり、善一辺倒では真に善きものは作り出せないという逆説的な話だろうか? 作中で登場した、破滅したナイトジャスティスと生き延びたキングバーガーの逸話にも、そういうメッセージを受け取れなくもない、ような気がする。

ちなみにWebで2/3ぐらい公開している。意識が足りていなかったため、存在を知らなかった。

www.mozocry.com


単行本のかなりの部分が読めてしまうのでとりあえず読んでみるのにおすすめ。もっとも、りもん先生編はクライマックスが重要なのだが。生徒にも慕われ、人間的にも完璧のようなりもん先生の素顔と密かに抱える闇。ここもまた表裏一体ということなのか。
先生の真実は、自分のような宙ぶらりんな人間にはぶっ刺さる内容だった……是非単行本を読んで確認して欲しい。果たして真実を知らしめることは正しいことだったのか? 先生の苦悩がわかるだけに考えてしまうが、しかし避けようがなくそこに存在してしまうのが真実である。どうか先生が幸せでありますように。

ちなみに一緒にヒストリエも買った。今回もおもしろかったがしかし展開はなかなかスロー。岩明先生と僕が生きているうちに完結してくれると良いが。