セントラルの雨

意識を高めてゆく

『けものフレンズ』と『武装神姫』……メディアミックスコンテンツにおける不遇アニメに思いを馳せる

けものフレンズ最終回本当にたのしかったね!期待していたような展開がもう全部見れて何も言うことがないな!震えた。

さて、随分と人気を博したけものフレンズだが、皆様もご存知だろうがコンテンツとしてはこれまで重要な柱であったであろうアプリゲームが既にサービス終了してしまっているという逆境からのアニメ放送であった。放送当初では、アニメ放送タイミングの悪さをネタにするということもそれなりに見られた(アニメが大流行した今では逆にサービス終了を惜しむ声が強くなっているように感じるが)
今回は、同じくメディアミックスコンテンツながら、フィギュアやゲームといった展開が終了した後にアニメが放送された『武装神姫』を『けものフレンズ』をダシにして語りつつ、両者の共通点などについて思いを馳せたいと思う。

f:id:cemetrygates1919:20170331002928j:plain
けものはいる、武装神姫にも

コンテンツの停滞の中で生み出されたアニメ『武装神姫』は優秀な販促アニメだった

アニメ武装神姫とは?

けもフレを見たけど武装神姫は見ていない、という人も多そうなので軽く説明を。
神姫という小型の自律する少女型ロボットがある程度普及した未来において、神姫同士や主人の人間(マスター)との交流を描くほのぼのSFアニメだ。
元々はKONAMIのゲームとフィギュアを同時展開するプロジェクトとして始動した。アニメ化は、両者の展開がなくなってからの発表である。
神姫のスケール感が生み出すミクロな世界や、様々なデザイナー個性的なメカデザイン、ハイスピードなCGバトルなどが魅力だぞ。

フィクションの中で生み出されるリアリティが現実世界を侵食する

武装神姫アニメは男性マスターと複数の女性型ロボットが一緒に暮らすという美少女ハーレム要素があるのだが、こうしたアニメで1人の男性キャラクターがモテまくる事にに説得力を出すのは実は結構難しいと思う。しかしこのアニメの場合、基本的に神姫がマスターに従順という背景があるため、マスターがどんなにフツメンなやや不気味工学部系メガネ男子老け顔高校生だったとしてもそのハーレムに説得力があるわけだ。さらにここで、人工物である神姫たちをアニメ然としたキャラクターとして描き、そして逆にマスターはリアルな描写にすることで「神姫のいるフィクション世界」は「我々の現実において神姫が開発されれば実現し得る世界」と思わせることに成功しているのだ。
更にアニメ内において武装神姫ワンオフでなく量産品という設定を出したり他のマスターも登場させたりすることで、このようなマスターと神姫の関係がいかに普遍的なものかということも示している。そしてこのことは視聴者に更に一歩進んだ認識を抱かせる。
最初に言ったとおり武装神姫はフィギュア(とゲーム)からスタートしたコンテンツであり、そしてこのフィギュアは人間の1/12ぐらい(figmaぐらい)のサイズなのだが、しかし設定上は実在の神姫1/1のサイズ(という設定)なのである。すなわちこのアニメ、「市販の武装神姫フィギュアにフィクション内での神姫の姿を重ねさせ、フィギュアをお迎えすると貴方の人生にもこんなバラ色ライフが待っていますよ」とそういう攻撃をしかけてくるアニメなのだ。その結果アニメ新規はフィギュア武装神姫を求め、既に神姫を所持していたマスターはアニメをエサに自らの愛娘との妄想を繰り広げるのだ。業が深い。

f:id:cemetrygates1919:20170331002941j:plain
製品の関節などもある程度再現されている
f:id:cemetrygates1919:20170331003003j:plain
これがマスターの理比理人さん。第一話での初登場時に妙にでろんとした動きを見せ、視聴者に衝撃を与えた
ちなみにディスった気がするので彼の名誉のためにこれは言っておくが、彼は自身の神姫を大切にし日々紳士的な愛情を注ぐナイスガイだ

また『けものフレンズ』も、実際の動物のしぐさや特性を参考にしたキャラクターの描写が魅力だった。サンドスターという未知の物質によって、動物をフレンズというケモノ少女へと変貌させるという設定に作中の演出から説得力とリアリティを生み出しているのだ。
これにより、我々は実際の動物を見てフレンズを感じ、ジャパリパークとこの現実世界がフィクションという壁を隔てながら地続きであるという錯覚をし、たどり着けぬジャパリパークに思いを馳せるのだ。

f:id:cemetrygates1919:20170331003748p:plain
実際の動物のしぐさと似通っていることが話題になったサーバルジャンプのシーン

武装神姫』アニメのその後

武装神姫』のアニメは先程も語ったとおりフィギュアの販促アニメとしても良質で、アニメを見た後にフィギュアを欲しがる人も多かった。ところが、フィギュアの新作や再生産といったものはアニメが終了しても全く動きがなく、その結果各所の在庫は一掃され、中古販売やネットオークションの価格も高騰しプレミア価格に……という自体に。
そもそもアニメ放送時から、主人公の神姫4人の内『アルトレーネ』『アルトアイネス』は人気が高く、当時から正規の手段で入手することは難しかった(アイネスは限定販売)。さらにもう2人の『アーンヴァルMk.2』『ストラーフMk.2』に至ってはPSPのゲームソフトとの限定同梱版での販売だったため、元々単品での購入すら出来ない状態だったのだ。アニメ化で火がついた結果ますますプレミアが付き、定価8000円程度のものが数万で販売されていることはザラ、軽い気持ちで手を出せる状態ではなくなってしまった。
元々、大本のKONMAIが沈黙を続けていたところでの突然のアニメ化発表で不可解なものではあったが、アニメ放送時も提供にKONMAIの名前はなく、そして結局せっかくの機会を活かすこともなかったので、多くのファンは落胆した。その後も直営の六本木のコナミスタイルで時々蔵出しなどもあったが、しかし多くの人には時間的にも距離的にも厳しいものだった。
結局、正規の方法で主役機を手に入れるためには、BDBOXの特典である「武装なし主役4人の神姫を購入する権利」の登場まで待たなくてはならなかったのだ。アニメ放送開始が2012年10月、BOXの販売は2015年3月、そして購入した神姫が届いたのは2016年の末。実に4年もの歳月が流れていた。新規層は熱が冷めてるんじゃないかな……。

f:id:cemetrygates1919:20170331003016j:plain
僕も折角なのでストラーフを購入させていただいた。批判的なことを言ったが、この2017年に完成品の神姫が手に入るということは感動的なことであるし、フィギュア展開が沈黙した後での新規作成はさぞかし大変だったであろうと、本当に感謝しております。

アプリゲーム、コミカライズの終了……その中で大ヒットとなった『けものフレンズ

ゲームの終了を意識したようなアニメ内の展開

それではアニメ『けものフレンズ』はどうだったのか。このアニメの面白いところの一つは、作中でのジャパリパークがもう閉鎖されてしまっており、そしてそのことが現実において在りし日のジャパリパークが舞台だったアプリ版の終了という事態とシンクロしていたことだろう。
これは狙ったものかなと思っていたのだが、偶然が重なったことだったらしい。
他の記事でも貼ったが、やはりこの3万文字インタビューは興味深い。少々引用。

www.animatetimes.com

――アニメ放送に向けて、準備がタイヘンな時期だと思います。さまざまな情報が出揃って、世間の反響はいかがでしたか?


梶井:それでもTwitterのフォロワー数は、5000~6000を行ったり来たりでした。ゲームをやってたころから、そんなに増えていなかったんじゃないかな。そして2016年12月になると、「ゲームが終わるのにアニメが始まるヘンな作品」として、ネガティブな取り上げ方をされて注目されました。


福原:一般のイメージは、ゲームを売るためにアニメを販促として放送するイメージだと思うんです。我々が「この作品はそうじゃないから」といくら説明しても、世間のイメージは変わりません。しかも、アニメの先行試写会が行われた12月14日に、ゲームが終了したんです。合わせたツモリはなくて、本当に偶然だったんですけどね。


梶井:そう! 偶然なのに、それを深掘りする方もいましたね。

このように、ゲームとアニメが別ラインで進行していたこと、偶然にも放送直前にゲームが終了してしまったということが語られている。
あまりのタイミングの良さに話題作りでは? と考えるファンも多かったが、ただの偶然とは。
ただ個人的には最後の展開まで追ってみると、ゲーム登場キャラクターのミライさんを登場させてみたりとゲームの終了を意識したような展開も多く、本当に全く意識していないわけではなかったのではないかなと思う(偶然の産物ならそれはそれでとても凄いが)再度少々引用する。

福原:そこらへんはプレスコ(註3)で作ってきた『てさぐれ!部活もの』(註4)の経験が活きていると思います。たつき君はその場のグルーヴ感で「これはやったほうがいい」と思ったら作業しちゃうんです。その後のカロリー計算も、しっかりできる人だから。本来だったら脚本を変えるときは、仁義を通す相手がたくさんいます。コンテマン、脚本家、に頭を下げて回らないといけません。ですが『けものフレンズ』は、その労力はほとんどいりません。

このように制作体制のフットワークの軽さが語られている。これを踏まえると、ゲーム終了の情勢を終盤の展開に急遽活かした可能性は十分考えられるのでは。そして、仮にそうだとするとかなりのハイセンスを要求されることでもあると思うので見事に脚本に反映させたスタッフの手腕には感嘆するばかりだ。

別のインタビューによるとスタッフは約10人ということらしい。ここでは少数編成の強みも語られており、けものフレンズに関してはそのことが功を成した部分もあるのかもしれない。

www.buzzfeed.com


パーク内の様々な場所を旅しながらも根底の暖かな雰囲気はきっちりと保ち、今までの軌跡が最終回に向けて収束していくのは本当に美しい流れだった。これも少数ゆえに目がきっちり細部まで行き届いていたおかげなのかも。

f:id:cemetrygates1919:20170331003220p:plain
これまでのフレンズ達が大集合からのタイトルロゴとOPの演出、本当にアツかった……

アニメ『武装神姫』が良いアニメだったものの、ある意味現状にそぐわずにうまくいかなかったことを考えると、『けものフレンズ』のアニメが状況を逆手に取ることが出来たのは強いなと思う。もっとも、武装神姫に関して言えばやはりKONMAIがうまく追従できればそれがベストだったのだがなあ……つくづく惜しいアニメだ。

けものフレンズの今後はどうなるのか?

まず、アプリ版の復活に関しては僕含めてかなり熱望する声が多いものの、サービスを提供していたネクソンは否定的なコメントを出している。

gamebiz.jp

……と思ってたら復活の可能性があることになってるよ!どっち!?
www.itmedia.co.jp



とにかくけものフレンズ、他にもこれからの展開はかなり期待できると思う。ゲームとアニメが別ラインで進行していたことは先程のインタビューでも語られていたが、けものフレンズプロジェクトは様々な企業が参加している複合的なプロジェクトであり、アプリ版はそのひとつに過ぎない。(そもそもネクソンはプロジェクトには参加していないらしいが)
このあたりも、KONAMI単独での企画だったが故に停滞してしまった武装神姫プロジェクトとの差なのかもしれない。
f:id:cemetrygates1919:20170330033812p:plain
けものフレンズ公式サイトより

そしてここまでビッグタイトルになったけものフレンズを安々と切り捨てはしないだろう……とも思うわけで。

nlab.itmedia.co.jp
ニコニコ動画での一挙放送は、再生数はまだ及ばなかったもののコメント数では11話までの放送でありながら歴代一位という記録を打ち立てる。



Twitterなどでも頻繁にトレンドに挙がっていたけものフレンズ。放送終了後のたつき監督のイラストには、多くの反応と視聴者からの感謝のコメントが。


f:id:cemetrygates1919:20170330032130p:plain
Amazonの本ランキングでも今でもガイドブックが上位を独占(2017/03/30現在)。一時は村上春樹の新刊をランキングで下したことが話題になった。ガイドブックの1巻は即品切れという大ヒットで増刷が待たれている。

webnewtype.com

さらにアニメ終了後に早速新作エピドードの製作が発表。これもまたフットワークの軽いアニメけものフレンズ制作陣ならではかもしれない。非常に楽しみだ。

ちなみに今後の展開について個人的な願望で言うと、やはりジャパリパークをこの身で体験してみたいという想いがある。現実……での実現は流石にいろいろと難しいだろうから、ここは「VRけものフレンズ」とかどうだろうか。どうぶつの森、みたいな明確な目的がなく生活していく感じで。プレイヤーはヒトのフレンズになったヒトということで。サンドスターを食らったぼくは女の子になって、アラフェネコンビを陰ながら見守ったり、カフェでトキさんの歌を聞いたり、カワウソちゃんと石遊びをしたりするわけだ。あとやっぱりジャガーさんに会いたいよな……ジャガーさん優しいから困ったことがあったら助けてくれそうだし、積極的に頼っていきたい。最終話でヘラジカさんにナンパされてるジャガーさん良かったよね。
はあー何故ぼくは現実にいるのだろう。本当の愛はどこにある。手を繋いで大冒険するしかない。ジャパリパークでまた会おうぜ!

最後に、武装神姫の今に関して

神姫に関しては割りと悲観的なことばかり言ったが、あれからしばらく経ってこちらも希望が見える状況になっては来ている。
まず、コトブキヤがプラモデルの武装神姫の発表をした。KONAMIは版権に厳しいという噂もあり、他社からの動きは期待できないだろうと多く思われていたが、まさかのである。本当の愛はコトブキヤにあった。
hobby.dengeki.com
以前のワンダーフェスティバルで発表されている。発売がいつになるかは未定。


またコトブキヤは同じメカ少女系のプラモデルシリーズもいくつか展開しており、そういった需要にはいまアツい企業だ。

www.megamidevice.com
プロデューサー・素体原型師の上に、現状の多くのデザイナー、更にWebコミックの作者さんまで武装神姫と共通のメガミデバイス。いやー偶然ってあるものだなあー

www.fagirl.com
同社のオリジナルロボットシリーズの「フレームアームズ(FA)」の美少女化シリーズである「フレームアームズ・ガール(FA:G)」
こちらは4月からアニメも放送されるから皆見ような。しかし、武装神姫の時は男子高校生だった主人ポジションが女の子になっているのは時代の流れだろうか。僕はどちらもイケるが。

けものフレンズ』が好きな人は、『武装神姫』かわいい女の子がいっぱい出るおもしろいアニメーションなので、皆是非見てくれよな、と今回結局僕が一番いいたかったのは、これかもしれない。よろしくお願いします。