読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セントラルの雨

意識を高めてゆく

2017年冬期アニメの感想を殴り書く

2017年冬に再放送含めて僕が視聴したアニメの感想を殴り書いていく。順番は見終わった順です。

アニメ個別感想

四畳半神話大系(再放送)

ちなみに終盤我慢できずにDアニメで見た。
堕落した大学生生活の中で、いろいろともがいてみる主人公のお話。とはいえそんな無益さが今の僕からするとたまらなく羨ましくて、そしてやはり作中においてもそう語られ「そうだよな~~」という感想を抱く。各エピソード、浅沼氏のテンポの良い語りを聞いているだけでコミカルで面白いのだが、この点が終盤で線へとつながっていく流れが美しく、真相を知ることで登場人物がとにかく愛おしく感じられた。ここらへんの盛り上がりは圧巻で、そしてEDの演出には舌を巻いてしまったのだが、ただそれだけに再放送版でのOPEDの変更は今回の曲ならではという演出も特になく、破壊力が単純に落ちてしまっていたのは少々残念。明石さんのオタクの理想女性像みたいなキャラ造形すごくすごいと思う。

f:id:cemetrygates1919:20170409222716p:plain
やはり独特の絵が魅力的だ

この素晴らしい世界に祝福を!2

人気アニメの二期。一期の時の意外な伏兵っぷりから考えると、この2期は既にこのすばのなんたるかを理解している状況なので、安定感がある反面驚きは少なめだったかも。とはいえさらに畜生っぷりを上げてきたカズマや、終盤のアクシズ教徒の群れは見ごたえがありおもしろかった。
唐突な流れながらも、ラストバトルはきっちりと盛り上げて締めてくる演出力は流石(ラストにやたら集中した作画リソースの切り分け含めて!)
ゴッドブローを放つアクア様はまさしく女神の姿であった……なおMXのブロックノイズはアクシズ教に対する背信行為である。
f:id:cemetrygates1919:20170409222926p:plain
とにかく最終回の盛り上がりと、綺麗な終わり方がよかった。続きはあるのだろうか?

霊剣山 叡智への資格

中国と日本の文化差なのかわからないが、ナレーション、キャラクターの性格、展開、伏線の回収などなどの諸々が一般的なそれと微妙にズレているのが不思議な魅力を醸し出している。
常識的なモラルの中でこのアニメを語ろうとしてもいくらなんでも強大すぎて霊剣山の前にひれ伏すしかなく、霊剣山を肯定するにしろ否定するにしろ、これを語るには同等のパワーを持つ狂人にしかそれは不可能だと思う。作中でも屁理屈扱いされているのに無理を通して道理が引っ込んでいる。すごい。(霊剣山と僕は)永遠にすれ違いね!
でも最終話は哀愁漂いしんみりとした気持ちにもなれるのが奥深い。

f:id:cemetrygates1919:20170409223147p:plain
四つん這いで壮大なBGMがかかるのと、切ったら爆発するのと、問心剣のシーンが特に好き。問心剣はほんとすごい

うらら迷路帖

トーリーがある程度存在する畑のきららアニメ。サービスシーンも存在する畑。
きらららしく結構百合百合しつつも絆を深めていく見習いうらら4人組が微笑ましいし、応援したくなる。
迷路帖の独特の世界観に関してはそこまでクローズアップされなかった気がするが、新人うらら四人組の関係を濃く描くことでキャラクターアニメとして見ごたえがあったし、それが終盤の試験での盛り上がりにも繋がったかな、といった感じがする。
しばらくは何気にOPに面食らっていたのだが、あれもそのうち癖になる。可愛くて微笑ましいそれで全てで良いのだ、いった感じの良いアニメだった。
f:id:cemetrygates1919:20170409223338p:plain
小梅ちゃんの過去掘り下げエピソードが好きだった。服装といい、本当に憧れなのだなあ……と思わせる

アイドル事変

アイドル議員で日本を笑顔にするぜ!と設定を聞いただけであっこれバカアニメだ!と思わせるパワーがある一作。
敵の親玉が某小泉そっくりだったり、アイドル議員をパフォーマンスと切って捨てる展開など、テーマがテーマだけになかなか風刺が効いている、と思わせる作りが興味深い。
終盤でのシリアス展開において、これまでの地道な道のりが活きてうまくいく、というのは真面目にきれいにまとめてきたなという印象だが、最初に感じた雰囲気から考えるともう少しはっちゃけたパワー解決でも良かったかも? と個人的な好みでは。夏月と静の関係はでもよかったと思う。

f:id:cemetrygates1919:20170409223605p:plain
幼稚園の話で蜂が出てくるところが凄く好き。唐突に蜂が出てくるアニメは名作なので、みんな魔法戦争を見ような。

けものフレンズ

各エピソードをコミカルにユニークにまとめつつ、丁寧にこれまでの旅路での伏線を活かし、最終話で多くの視聴者が見たかったであろう展開をきっちり描き、更に最終回では各キャラクターの性格も少ない出番で描写する、本当に隙のないアニメだったと思う。
このような博愛的で暖かなアニメをムーブメントの一体感の中で楽しみに毎週視聴できたのも、稀有な体験だった。
流行したアニメというのは様々な論争も巻き起こるし、やっぱりそのたびにジャパリパークは夢物語だなとも実感する。とはいえ、けものフレンズがよかったなと、そういうシンプルな気持ちが共有できる時私たちはフレンズへの一歩を歩むことができるのではないだろうか。
本当にありがとうけものフレンズ。次のエピソードも期待しています。

f:id:cemetrygates1919:20170409223723p:plain
やっぱり「こはん」が好きな回。ゲストフレンズの個性も強烈だし、「いい動物に違いないであります」にはつい涙してしまう。あと「私達だって素敵なコンビだよ!」が好きすぎて……好き

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

2015年秋からの前期2クールと、2016年秋からの後期2クールを経て完結した今作。
歴史に名の残らない者達の戦い、狡猾な大人と利用される子供、戦うことしかできない悲劇の鉄華団……などなど、描きたかったことはよく伝わってきて、そしてそれらの要素自体は心を揺さぶりそうに感じるだけに(特にMA起動以降)僕としてはあまり気持ちが乗れなかったのが残念。
やはり1話と最終話というスタートと着地点は良いと思うし、1期の成功と2期の転落は綺麗に対になっているのもわかるのだが、 MAないしヤクザなどの各要素をもう少しラストに向けて収束できていたら……とも思ってしまう。あと好きだったヴィダールガンダムがもう少し活躍したらなあ……。
f:id:cemetrygates1919:20170409224005p:plain
愛するものと誇りを奪われ仮面を被り復讐鬼と化した男の、新たな乗機のフェイスパーツが割れて以前の愛機が見えるところは胸が熱くなったね……いやはや……

亜人ちゃんは語りたい

我々の世界ではおどきばなしの存在である、ヴァンパイアやデュラハンといった幻想生物が実在する設定なのだが、そんな彼女らが現代社会で生きるとしたらどのような生き方をして、どのような困難があるだろうということがうまくイメージされ描かれていて面白い。そしてその上で、特別な性質を獲得してしまった彼女たちの姿は、現実世界における障碍者のような人々のそれと重なる。時に偏見にさらされ、無理解の中で苦しむ亜人たち。そんな中でその「違い」を「個性」と認め暖かく包み込んでくれる世界は、亜人だけでなく我々にとってもまた救いだ。
作中でデュラハン少女の町京子の首が繋がった姿を想像した鉄男は、しかしそれに何か慣れないものを感じ、その状態では頭を抱きしめたり膝に乗せたりしにくくなるだろうなあ、と思いを馳せる。今の姿をあるがまま受け入れ、そして互いに支え合い、時にはジョークで笑い飛ばせるのが「個性」と認めるということなのだろう。作中はなんだかんだいい人だらけで、現実世界ではこうはいかないだろうとも思ってしまうが、しかしだからこそフィクションは暖かく、それでいいのだ。胸に沁みる叙情的な演出も相まって、涙が出てくる、良いアニメだった。
f:id:cemetrygates1919:20170409224210p:plain
ビデオレターを見る際、スマホ画面の回転からアニメ映像とシンクロさせ、BGMもなくビデオレターを鉄男と共に視聴者に丸々見せる演出が好きだった。愚直ながら、それ故に心を動かされる

AKIBA'S TRIP

今期のヒット作『けものフレンズ』は、パロディーや時事ネタなどを排除し、またお色気要素なんかも極力薄くした上で万人受けする作品に仕上げてきたのだが、そこから真逆のアプローチで殴りかかってきたのがこのアキバニである。
アマチュア無線TCGブラック企業、クールジャパンと古今東西片っ端からネタをぶち込んだその様子はまさに闇鍋。オタクはアウトローたるべきだという想いは実践しているかはともかく一応僕の中にも多少はあって、それ故にAKIHABARA!いぇーい!みたいな風にアッパーな所謂オタ充的雰囲気にはある程度の苦手意識があったのだが、このアニメはそんなアウトロー意識もマジョリティも懐古も流行も飲み込む懐の深さがあったと思う。
好きなんだという気持ちがぶつかる街の秋葉原、脅威のネタ発掘によってオタクの過去未来そして今を鮮烈に肯定したこのアニメには、普遍性とはまた違った価値がある。まあ正直好みのキャラデザで服が脱げるだけで偉いよね。
f:id:cemetrygates1919:20170409224703j:plain
「いずれわかるさ……いずれな」「先行ドロー廃止」「チェーン合戦」「無効の無効」「インチキ効果」「やったか!?」「発動していた」「それはどうかな?」とこれでもかというぐらいにネタ満載の9話が最高すぎる。この回の脚本担当の雑破業先生は遊戯王ZEXALなどにも参加しているというのがまた


2017年冬アニメ総括など

今期マイベストアニメ『けものフレンズ 
f:id:cemetrygates1919:20170409230504j:plain

今期はとにかく世間的にもけものフレンズが強かった。僕も昔ゴリ押しオススメ記事をさりげなく書いたのだが。
cemetrygates1919.hatenablog.com

この頃はここまでのトップメタではなかったので、これがネタとして通用したのだが、いまではここまで陳腐化してしまうとは……誤算だった。
4話放送のちょっと後ぐらいに上げたので、ちょうど導火線に火がついて爆発するまでの期間だったせいか、今までの記事の中では結構見ていただけて本当にありがたい限り。けものフレンズ人気は僕などがどうこうというレベルのものではないだろうが、少しでも後押しできていたとしたらうれしいなと思う。
それ以外でも楽しんだアニメは(この本数でも僕的には)多い方で、個人的にも豊作だった。

2017年冬ヒロイン

今期マイベストヒロイン 『ジャガーけものフレンズ)』
なんだかんだ、今期はけものフレンズジャガーさんが一番好きかな。(記事にもしたし)
cemetrygates1919.hatenablog.com

面倒見のいい常識人お姉さんはやはり良い。短い出番ながらも各キャラクターの個性を存分に発揮させたのは、たつき監督らスタッフ方の手腕と、吉崎観音先生のデザイン力の賜物だろうな。最終回でまた出てきてくれて嬉しかった。
f:id:cemetrygates1919:20170409225207p:plain


他には、うらら迷路帖ニナお姉ちゃん良かった。「妹に甘い」「茶目っ気がある」「世話焼き」「心配性」とか諸々の設定がどツボだったので、茅野愛衣お姉ちゃん強いな……強い、と思った。理想的お姉ちゃんの完成形。偉い。
f:id:cemetrygates1919:20170409225851p:plain


『AKIBA'S TRIP』マヨちゃんも良かった。ぱっつん吊り目はポイントが跳ね上がるが、キャラクターもいい具合にお手本のようなちょろツンデレで好感触。サービスシーンの多いこのアニメでよかった。
f:id:cemetrygates1919:20170409225428j:plain

2017年春アニメに関して

次も面白そうなものがなかなかあるので、頑張って追っていきたい。
注目しているのはフレームアームズガール。1話の段階ではほのぼの美少女メカ交流アニメとしては完璧だったと思っているので、かの武装神姫アニメのような名作になることを期待している。放送後にTwitterトレンドに武装神姫が入り込んで来てしまったのは笑ってしまったが。
あとはまあはやりシンデレラガールズ劇場か。新規ボイスなんかもできれば期待したいところだが、さてはて。
ちょっとまだ見れていないものも多いので、とにかく頑張って追いつこうと思う。がんばります。
では皆様良きアニメライフを。