セントラルの雨

意識を高めてゆく

デレステのイベント、ライブパレード「shabon song」(報酬:小日向美穂・赤城みりあ)を終えて

「shabon song」イベントお疲れ様でした。
僕も今回はラブレター以来に結構頑張って、美穂ちゃんスターランク15を目指した。




f:id:cemetrygates1919:20170409233134p:plain
f:id:cemetrygates1919:20170409233006p:plain

ギリギリながらも金トロも達成できてよかった。ボーダーまで1000スコア切っていたぐらいギリギリ……、今回パレードCuだったのでなんとかCu編成MASフルコンで食らいつけたけれど、次は厳しくなりそう。せめてポテンシャル解法は頑張らねば、とおもう次第。
さて、それではイベントについて少々語っていきたい。本当は開催中にアップするつもりだったのだが、結構イベント自体がギリギリで終了後になってしまった。

ライブパレード「shabon song」概要

今回のライブパレードは2017/4/1 ~ 2017/4/8の開催メンツは、小日向美穂城ヶ崎美嘉赤城みりあ上条春菜相葉夕美の5人。
「みほ・みか・みりあ」でみ縛りかと思いきやそうでもなかった。CV津田美波で名前の頭文字が統一されているのは実質ゆゆ式って言おうと思っていたのだが
パレード初のキュート曲。メンバーにCuは美穂ちゃんしかいないのだが、小日向美穂ちゃんのキュートぢからがいかに強いかということを物語っているね。余談だがモバマスの方でのエイプリルフールイベントで昨年の「シンデレラパーティ ドリームステアウェイ」を復活させていたのだが、これもまた主人公が美穂ちゃんなのでかなり流れを感じるね。

shabon songという曲について

もともと、アニメシンデレラガールズのBD付属の曲として登場。その時のユニットは、小日向美穂城ヶ崎美嘉という、一見タイプが違うように見えるアイドルを選出しながらもどこか近しいものも感じるコンビなのが面白い。小日向美穂のベースを支える人間的な強さと、城ヶ崎美嘉の奥底に隠れる(隠れてるよね……?)純情というものが二人のギャップからの共通点として現れていてハーモニーを生み出していたように思う。
作詞は木村有希さん(園田健太郎さんの別名義らしい)シンデレラガールズでは他に「Happy×2 Days」の作詞・作曲もされている。

音楽的にはリズムギターを全面に押し出した王道ポップソングといった趣で、シンプルなビートが良い。舞い上がるように昇るギターソロも情景が浮かぶようで、とても素敵。
作曲はタッキーこと滝澤俊輔さん。滝澤さんの曲では「エヴリデイドリーム」「メッセージ」なんかも凄く好きで、シンデレラガールズのおとぎ話的な側面を強調する透明感があって幻想的な雰囲気が魅力的。今回の「shabon song」でもそういった透明感が、シャボン玉モチーフの儚さと相まって楽曲を消化させていると思う。

shabon songの歌詞を考える

www.kasi-time.com

歌詞では、ふわふわと揺れる想い・世界がカラフルに見えるようなきらめき・空に登るような高揚感とほんの少しの背伸び……そんなまだ呼び方もわからないような淡い恋心がシャボン玉に例えながら紡がれてゆく。なんとも少女趣味だがしかしとてつもなくロマンチックなのだ。
そして詩的な比喩を散りばめてから、最後の最後で「そうか 私 恋してるんだ」と極めてシンプルな言葉で締めるこの鮮やかさよ……。
このドラマチックさがこの曲のキモだと思っているので、今回のデレステのショートバージョンできっちりラスサビが入っていたのは本当にGJ。

さてこの上で、「私の本当の私」「心映し出す鏡」「強がりと素直を混ぜて」などなど、この曲の主役の女の子の本音と建前の二面性を思わせるワードがあるのにも注目したい。先程、美嘉と美穂二人のタイプは違うようで通じるところもあるのではという話をしたが、それが二面性の表現にも繋がり、二人のアイドルの融合によって曲の女の子が形作られているようにも思える。また二面性というのは平凡でみすぼらしい少女がお姫様への変身を遂げた童話シンデレラを思わせる要素でもある。「シャボン玉パチンと消えた」という風に心の変化を突然のものと描いているのもまた、魔法での突然の変身を思わせる。

f:id:cemetrygates1919:20170409235053p:plain
今回のイベントの報酬のイラストの向かい合うような構図も、歌詞を意識したようでもある

またこの曲自体は片思いのラブソングとして成立しているが、上記のシンデレラ要素を踏まえた上で「あなただけが持ってる鍵」「ちゃんと見つけてください」というような言葉を考えると、野に咲く花の如きアイドルと、それ見つけ出すプロデューサーとの関係っぽいようにも思える気がする。
このCDが付属してきたアニメシンデレラガールズ3巻は、アニメのPが未央と向き合ったり、また蘭子をデビューさせたりと比較的プロデューサーが活躍するエピソードが収録されているが、この曲のアイドルとPの関係を暗示したような詩と合わせてきた……というのは深読みのしすぎだろうか。

f:id:cemetrygates1919:20170409235149p:plain
今回のコミュが、「様々な恋愛シチュエーションを演じる」というものなのも「愛される存在を演じる」アイドルそのものといった感じがあるのではなかろうか

「shabon song」はとても好きな曲だったので、今回ようやくデレステ実装ということになりとてもうれしい。
ところで、エイプリルフールのシンデレラパーティで主人公に選ばれた事もあるが、こうしてシンデレラガールズ作品そのもののテーマを思わせる曲を歌うアイドルの一人として選出された、美穂ちゃんのシンデレラ感に関してはまた今度もう少し考えてみたいと思っている。また近々書けたらいいな。

「Jet to the Future」で同じくBD曲の「Flip Flop」が収録されたことを考えると、そのうち「shabon song」このシリーズでの収録が期待できるかな。BDはやはり少々ハードルが高い買い物なので、色んな人にこの曲が届くといいな。