セントラルの雨

意識を高めてゆく

小日向美穂は島村卯月を超えた「普通の女の子」ではないだろうか?二人のアイドルについて考える

いつの間にかもう総選挙の時期、皆様も思い思いのアイドルに投票券と応援、そして愛を捧げている事だろうと思う。今回は選挙に際して……というつもりで考えていたわけではなかったのだが、せっかくなのでこの時期ならアイドル(とここ)のアピールにも繋がるかな、と思い選挙期間に更新させていただく。今回話したいのは、島村卯月小日向美穂、二人のキュートアイドルに関して。

プロフィール紹介

まずは一応二人の簡単な紹介を。

島村卯月

f:id:cemetrygates1919:20170418024448j:plain

輝くアイドルに憧れ、「がんばります!」が口癖の笑顔が魅力的な努力家。モバマスデレステにおいて、プレイヤーがキュートを選択した際に最初に出会うアイドルでもある。アニメでもシンデレラプロジェクトに所属する主人公の一人として一話から活躍。昨年のシンデレラガールズ総選挙では、見事にキュート属性にとって初となる一位の栄冠を手にし、シンデレラストーリーを実現した。

小日向美穂

f:id:cemetrygates1919:20170418024522j:plain

熊本からはるばるアイドルを目指し上京してきた少女。恥ずかしがり屋ながらも一生懸命に愛らしいアイドルを目指し活動する、まさに正統派キュートを体現するようなアイドルの一人だ。アニメでは主役のシンデレラプロジェクト組よりも一足先にデビューした先輩アイドルとして登場し、戸惑う新人たちに親身にアドバイスをしたりと陰ながら彼女たちを支えた。

オススメカードの紹介

あれこれ文を垂れ流していたら結構長くなってしまって、たぶん多くの人がブラウザバックをすると思うので、とりあえずわかりやすいアピールをだけでもするとともに記事のキャッチーさを高めるべく、おすすめカードなんかを紹介してみる。

[はじけてサマー]島村卯月

f:id:cemetrygates1919:20170418025814j:plainf:id:cemetrygates1919:20170418025823j:plain

アニメのシンデレラガールズ劇場でも登場した一枚。スク水を普通と言い張る島村さんの普通って何だよ感が素敵。
特訓前も大変あざと可愛いのだけれど、特訓後の健康的な色気と弾けるような笑顔がとにかく好き。
立体化にも恵まれており、特訓前がFREEingより、特訓後がアルターより発売予定。
そしてなにより恒常なのでとてもフリトレで安い!「デレステを初めてモバも初めて見たんですけど~~」という僕みたいな初心者モバPでも比較的カンタンにお迎えできるリーズナブルさなのだ!

[P.C.S]小日向美穂

f:id:cemetrygates1919:20170418030455j:plain
f:id:cemetrygates1919:20170418030502j:plain

美穂ちゃんはデレステより。なんと今なら特訓前は可愛い美穂ちゃんの他に島村さんと五十嵐さんもついてきてお得!
ネテロ会長を彷彿とさせるようなキュート極まるハートポーズはまさしく心を射抜く不可避の速攻、キメラアントもびっくりである。
特技面においても、ボーカル特化の4秒高確率スコアアップは一線級で輝けるポテンシャルを持つ。キュートで染めたり、ボーカル3色パーティーでは間違えなく活躍できるはず。
そしてこちらも恒常なので、たったの有償ジュエル2500でスカウトチケットでお迎え可能!スカチケで迷ったら是非どうぞ。なんと今丁度スカチケ販売中だぞ!

以上2枚、入手性も顧みて選出した。よろしく頼むぜ!

島村卯月の普通とはなんなのか?

それでは、ここから本題について語っていく。
まず普通ってなんだろうなということを考えてみたい。島村卯月の語る「普通」とはなんだろう。

これはいくつか種類があると思っていて、まず一つは自己に対する自信のなさ
「普通の女の子だけど、アイドルになりたい気持ちと笑顔だけは誰にも負けない」と語ったりもしているが、裏を返すと自分自身のアイドルとしての明確な強みを自覚していないということでもある。島村卯月の絶対的な魅力に触れた僕のような人間からすると、「いやお前みたいに最高に可愛い普通がいてたまるかよ……」という気分にもなるが、少なくとも当人はアイドルとしての自らの素質に気づいておらず、このことはアニメ後半の物語で卯月本人を苦しめることにも繋がったりしている。
f:id:cemetrygates1919:20170418032154j:plain
デレステ卯月アイドルコミュ①より。

もう一つの「普通」は、シンデレラの物語における灰被りの少女は、お姫様と対比される「普通の少女」でなくてはならないという話。
シンデレラガールズはその名の通りシンデレラを意識したような要素が多く存在する。プライベートを切り取った「特訓前」のイラストから、アイドルとしての姿になる「特訓後」の対比も、特訓を魔法に、アイドルをお姫様に見立てたものだろう。シンデレラをモチーフにしたデレマスにとって、アイドルの姿になる前の少女たちは「普通の少女」でなくてはならないのだ。これは卯月に限ったことではないだろうし、「誰もがシンデレラ」でもあるのだが。

f:id:cemetrygates1919:20170418032455j:plainf:id:cemetrygates1919:20170418032516j:plain
特訓を経て、制服からアイドル衣装への変身を遂げる卯月。

最後の一つは、「平均」という意味での普通シンデレラガールズ劇場でのエピソードだが、おみくじを引けば常に「吉」、徒競走では3位。常に中央値を引き続けるそれはもはや人間業ではなく、特殊技能の粋にまで達しそうな勢いだ。
f:id:cemetrygates1919:20170418033030j:plain
シンデレラガールズ劇場66話より。
f:id:cemetrygates1919:20170418143936p:plain
ぷちデレラのステータスも見事な「普通」。総合値は全アイドル中でもトップクラスだが、世界レベルには勝てなかった。

大多数の中でひたすらその中心に位置する存在は、世の中のありとあらゆる普通を組み合わせた、普通の概念そのものだとも言える。
そしてこの事は二番目に挙げた「シンデレラストーリーのための普通」と組み合わせることでさらなる意味を生む。すなわち島村卯月シンデレラガールズ世界においてありとあらゆる平均を内包する存在であることによって、シンデレラという物語そのものの象徴たる理想的少女となるのだ。これはキュートの初期キャラクターであり、シンデレラガールズにおいて度々センター的な位置づけとなっていた卯月の役割なのかなとも思う。
f:id:cemetrygates1919:20170420035014j:plain
デレステのタイトル画面で中央に位置する卯月。

f:id:cemetrygates1919:20170418035845j:plain
「M@GIC☆」の「だってシンデレラはがんばりや、でしょ」という歌詞からも、「頑張ります」が口癖の卯月は特にシンデレラというものを色濃く意識したキャラクターであると言える。

こうした卯月というキャラクターの人間味が乏しいかと言うと、最初に語った「普通という名の劣等感」などからけして完璧ではない姿もまた描かれているとは思うので、卯月の魅力はこの人間的部分と人を超越した部分のバランスだとも思っているし、そもそも最初から人を超えた存在からはシンデレラの物語は生まれないのだが。
ただシンデレラという物語の主人公としての役割を強く与えられた島村卯月というキャタクターは、その性質から1人の少女のパーソナルな部分がクローズアップされるより先にアイドル候補生としての側面が色濃く現れるキャラクターとなり、ある意味では「普通の少女」からかけ離れた存在になっているのではないだろうか? とそう思うのだ。
f:id:cemetrygates1919:20170418143232j:plain
卯月の目指す正統派キュートなアイドルの姿もまた、アイドルの一般像という意味で普通と言えるかもしれない。

小日向美穂は「普通」なのだろうか?

それでは今度は小日向美穂について考えてみたい。彼女は卯月ほどは「普通」というイメージで語られていないアイドルだと思う。僕もこれまであまり意識していなかったのだが、彼女もまた普通……というか童話シンデレラの物語を背負う立場のアイドルの一人なのではないか、と思ったのだ。
きっかけはshabon songシンデレラパーティ~ドリーム・ステアウェイ~に改めて触れたこと。shabon songに関しては前軽く話したのでよろしければこちらを参照いただきたい。
cemetrygates1919.hatenablog.com


さて、シンデレラパーティについてだが、このゲームはエイプリルフール限定のお遊び企画ながらとても興味深いものだった。アイドルたちが生き残りをかけて死闘を繰り広げるデスゲームモノを公式で出し、最後までシリアスに仕上げてきただけでも楽しいのだが、更に面白いのはこのウソ企画の物語がシンデレラガールズというコンテンツそのもののメタファーでもあるという所だ。「夢」や「嘘」といった虚構を描いたストーリーでは、同じくフィクションである本編を強く意識させ、あちらの物語上ではあまりフィーチャーされることがない、トップアイドルを目指すにあたっての競争や戦いを物語に落とし込んでいる。
ここで小日向美穂はシンデレラパーティの主人公という配役だったわけだが、シンデレラガールズそのものを描いたと言えるようなこの企画(shabon songにもそういったものを少し感じた)で主役に抜擢されたということから、最初に話した「小日向美穂はシンデレラの物語を背負う立場のアイドルの一人なのでは?」という考えに繋がったのだ。

島村卯月小日向美穂アイドルマスターシンデレラガールズにおける二人のアイドルの姿とは

さて、それではこの二人のアイドルが、どのような存在として成り立っているのかをもうすこし考えてみたい。
卯月は本人のパーソナルな部分よりもアイドル候補生としての姿の印象が強いアイドルではないかと先程語ったが、そもそもある程度自己を犠牲にし切り捨て成り立っている存在である、アイドルというものの業の深さによる部分もあるのではないだろうか。皆の笑顔のために自らの楽しさを捨て、時にはプライベートまでも偶像としての姿勢を求められ、その代わりに多くの歓声と喜びを得る、というのがアイドルなどステージに立つ側の人間なのだと僕は思う。
フィクションであるアイマスにまでそういったものを持ち込むのも野暮なのかもしれないが、しかし無印アイドルマスターにおいて、最高のエンディングであるドームエンドを迎えた天海春香が「1人の少女としての幸せを掴むことができずに、代わりにアイドルとしてのこれからの成功を掴む」という見方によってはバッドととられてしまうような結末を迎えることからも、アイマス世界もそういった認識が多少は存在する世界なのでは……、と僕は考えている。
そうしてパーソナルな部分を削ぎ落とし、生まれながらにしてアイドルになることを運命づけられたキャラクターとして完成されたのが島村卯月なのではないだろうか。

シンデレラパーティーのシナリオにおいてもアイドルというもののそういった宿命が感じられた。
あの物語内で両親を失っていた小日向美穂は、両親のいる幸せな学生生活という虚構の中で生きていたのだが、しかし「アイドル」への覚醒によってその嘘は終わりを告げる。自分のいるところが夢の世界であると気がついた彼女の目には、もう両親の姿は映らなくなっていたのだ。これは、アイドルになるためには自分自身の普通の人間としての幸せは捨てなくてはならない、という先程の構図そのままではないか。
唐突に崩壊する日常、アイドル候補生たちとの戦い、そして友人を失っていくことに戸惑い苦しむ美穂だったが、そんな時に支えとなるのが守護霊的存在となり手助けしてくれる、かつてアイドルであった島村卯月の存在でもあった。また過去に両親を失い失意の中にいた美穂にとって当時救いとなったのもアイドルの姿であり、理想の姿として完成されたアイドルの輝きと強さが示されている。
f:id:cemetrygates1919:20170420025333j:plain

しかし一方で、自己の特技や趣味、性格といった独特の個性をそのままアイドル活動に取り入れているキャラクターもまた多い。
シンデレラガールズのソロ曲にもパーソナルな部分をクローズアップした曲は多く、ざっと上げるだけでも「あんずのうた」「エヴリデイドリーム」「お散歩カメラ」「気持ちいいよね 一等賞!」「in fact」などキリがない。
またアニメにおいては、346アイドルかくあるべしという理想を掲げる美城常務に対し、自らの想いや考えを尊重し、常務の描いていたアイドルとは別のアイドルとしての輝きを見せつけた高垣楓安部菜々城ヶ崎美嘉などのキャラクターもいた。こうして自らの個性を研ぎ澄ませることの強さが描かれていたアニメ後半では、アイドルとしての明確なビジョンや強みを自覚していなかった卯月は、周りに取り残され追い詰められてしまっている。
生まれながらアイドルであるということの脆さを示し、1人の少女である島村卯月を描こうとしたのがアニメだったのかな、という気もする。そう考えると、等身大のラブソングである「はにかみdays」「ラブレター」をアニメなどを経た後に卯月が歌っているのはなんとも感慨深い。ソロ曲でもお仕事ソングを歌っていた島村卯月が、だ。
島村卯月というアイドルは、「S(mile)ING!」の時も「はにかみdays」の時も同じく理想的なアイドルであった思うが、しかしこの期間で自分自身をしっかりと見据えたことで、彼女は本当に完璧なアイドルへと近づいたのかもしれない。
f:id:cemetrygates1919:20170420031726j:plain
卯月が自然と見せる笑顔の魅力は、アイドルとしての天性の才能だ。渋谷凛やプロデューサーなど、彼女をよく知る周りの人間はそのことを痛いほど知っていただろうが、この強みがあまりに卯月というキャラクターの中枢に根差していたが故に、彼女自身にはなかなか気がつけなかったのかもしれない。

さてここアニメ世界では、小日向美穂はシンデレラパーティーの時とは逆に卯月の一歩先を行くアイドルとして登場していた。夢の世界で「ただの普通の少女」だった美穂の強さがここでは現れているのだ。
f:id:cemetrygates1919:20170420032903j:plain
美穂は卯月と同じく正統派キュートな方向のアイドルだが、より平凡で地に足の着いたタイプのキャラクターになっていると思う。
熊本の実家を離れ1人上京し、そのせいか少々垢抜けなさもあり、また恥ずかしがり屋な性格で、そして身近なプロデューサーをちょっと意識してみる……などと等身大の少女として描かれている。そして彼女はアイドルとして華やかな衣装に身を包みながら、この飾らなさも同時に内包しているのだ。アイドルとして活動していくにあたって、こうした自分自身をしっかりと自覚できていたからこそ、アニメでも美穂は卯月よりも強くあれたのではないだろうか。そしてそれは、シンデレラパーティーという夢を崩壊させ、現実世界の本当のアイドルへの階段を登る強さでもあった。
f:id:cemetrygates1919:20170420024524j:plain
デレステアイドルコミュ④より。トークショーの舞台でうろたえるものの、逆にかわいいと好評だった美穂。欠点をアピールポイントに転換できるというのも、アイドルとしての強みなのかもしれない。

島村卯月「やがてアイドルとなる普通の少女」であるが故に完璧な存在であるとしたら、「等身大の少女」でありながら「輝けるアイドル」でもあるという相反する属性を同時に持つことが、アイドル小日向美穂の個性であり魅力なのではないだろうか。
そしてそれ故に、シンデレラガールズにおいて小日向美穂はだれよりも「普通の女の子」なのだと僕は思う。


卯月と美穂の関係について

小日向美穂は誰よりも普通の女の子なんです!」と言ったが、しかし普通の女の子アイドルというのはやはりこの広いシンデレラガールズ界卯月以外にも何人もいる。同じくキュートの「今井加奈」ちゃんなんかもかなり普通の少女を極めたキャラクターだと思うし。
では今回何故小日向美穂こそが普通の少女であると主張したのか? というと個人的な趣味をおいておくと、シンデレラストーリーの象徴たる島村卯月と並び立ち、同じく正統派キュートのアイドルとして対比される役目のアイドルが小日向美穂なのではないか? と思っているからだ。シンデレラガールズ内においても、二人の共演はかなり多い。

f:id:cemetrygates1919:20170421025508j:plain
シンデレラパーティーにおいてもパートナーとして登場した二人。

f:id:cemetrygates1919:20170418032516j:plainf:id:cemetrygates1919:20170421020304j:plain
初期衣装でお揃いの姿を見せる卯月と美穂。同じく初期衣装組の五十嵐響子を加えた3人ユニット「ピンクチェックスクール」での活躍も。
島村卯月小日向美穂緒方智絵里とこれまた正統派Cuを揃えた「ピンキーキュート」というユニットも存在する。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER お願い! シンデレラTHE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 001
全体曲としての第一弾CD「お願い!シンデレラ」や、Jewelriesシリーズ001「アタシポンコツアンドロイド」で揃って参加する卯月と美穂。


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 010 島村卯月

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 011 小日向美穂
ソロCDの CINDERELLA MASTERシリーズにおいても、No.10、No.11と発売タイミングは異なるものの並んでの登場である。

また両者は作中でも何度か仲良しという設定も披露され「うづみほ」の愛称で親しまれる名コンビでもある。

これまでの二人の詳しい道のりなどは新参の僕の話よりもピクシブ大百科あたりを参照して頂いたほうが詳しくよくわかるだろう。と投げる
dic.pixiv.net


大まかな説明は済んだから僕のうづみほへの感情を綴っていくぞオラオラ。僕は二人……というかそもそもシンデレラガールズを知ったのがアニメからだったのだが、卯月が挫けてしまった時に美穂ちゃんがとても優しく、素敵な先輩で感動したんだ。

アニデレに関してはかなーり卯月に肩入れして見ていたので卯月が笑顔を失ってしまったのはとてもショッキングだったが、その上でひっかかっていたのが相方である美穂ちゃんに多大な迷惑をかけてしまったよな……というところでもあった。そんな中で感動の「S(mile)ING!」のライブシーンでまさかのシンデレラプロジェクトメンバーに混ざって美穂ちゃんが応援に駆けつけ、「卯月ちゃんとまた一緒にお仕事がしたいです」のメッセージカードを残し、そしてライブ中も懸命にライトを振ってくれる姿には本当に感激してしまった。
f:id:cemetrygates1919:20170421023033j:plain
懸命に呼びかけてくれる美穂ちゃんの様子と、ハッとする常務の顔で毎回涙を流してしまう24話。

極めつけに卯月の復活を自分のことのように涙まで流して喜んでくれる姿……恐らく真面目な卯月のことだから彼女自身にも後ろめたさなどはあったと思うので、この美穂ちゃんは本当に救いだったと思うし、僕も美穂ちゃんが卯月の友達で、そしてパートナーでいてくれて本当にありがとうと思ったのだ。
f:id:cemetrygates1919:20170421023112j:plain
カード内セリフで卯月に言及があり、そして衣装「ピンクチェックスクール・美穂」が入手できる[はにかみ乙女]の衣装……

作中では一緒の活動は結局それほど描かれず、ラストシーンに見せてくれたような一緒のユニット活動を是非見たい、と熱望していたのだが、デレステの方などで絡みが見られてとても嬉しかった。
f:id:cemetrygates1919:20170421023756j:plain
アニメラストに登場したピンクチェックスクール。

美穂ちゃんのアイドルコミュでも登場。基本デレステでは敬語の島村さんが、美穂ちゃんの前ではほぼ完全にタメ口になるのやっぱりめちゃくちゃポイントが高くないですか!模範的少女の島村さんが、美穂ちゃんの前では普通の女の子になるんですよ!
f:id:cemetrygates1919:20170421024217j:plain
トーリーコミュ18話より。
初の3人MVで驚かれたラブレターのイベント。響子ちゃんも加えた3人の濃厚なコミュが見られてとても楽しいイベントだった。響子ちゃんの前では二人のおねえちゃんになるのもいいよね……。
f:id:cemetrygates1919:20170421025043j:plain
卯月ベッドを占拠する小日向美穂が好きすぎる……。

なんといっても良いのはモバマスのアイドルトーク。美穂ちゃんが卯月を好いてくれていること、島村卯月の人間たらし力が伝わってきて、たったの2言ながら多くのストーリーが妄想できる名台詞だと思う。強い。
f:id:cemetrygates1919:20170421030019p:plain
とにかく僕はね……うづみほが好きなんだよね……。だから、美穂ちゃんに卯月に続いてシンデレラガールになって欲しいんだよ。

第6回シンデレラガールズ総選挙、是非「小日向美穂」ちゃんに一票をよろしくお願いします

第5回シンデレラガールズ総選挙において卯月がシンデレラガールの栄冠に輝いた時、普通の女の子からスタートした卯月の笑顔の力がここまでの実を結んだのだな、とそのスタートラインから応援できなかったことを悔やみながらも本当に嬉しかった。
そして今度はまた別のスタートラインから階段を少しずつ登っている、「普通の女の子」のシンデレラストーリーが見たい。卯月にとって友人であり、憧れであり、ユニットの仲間であり、ライバルでもある小日向美穂ちゃんがシンデレラガールとして卯月に並び立つ所が見てみたい。どうかよろしくお願いします。

f:id:cemetrygates1919:20170420034444j:plain

是非貴方の魔法で、美穂ちゃんの「夢」を実現させてみませんか?