日陰の小道

私のロジックは私みたいな話をしたりします

【ガルラジ】チーム双葉拠点、双葉SA付近探訪(聖地巡礼・質感旅行)

いよいよ自分もガルラジの聖地巡礼とか質感旅行とかいうものに行ってきた。とはいうものの実際は生真面目に質感を追い求めるというよりは、口実にどこかに遠出したかったからという気もするが、きっとそれもいいのだろうと思っている。なぜならそう、ガルラジはNEXCO中日本のコンテンツだからね。

初回(4/5)

高速バスで甲府駅

ガルラジを踏まえていくとバスでの移動が既にちょっとしたアトラクションだ。玉笹シスターズもガルラジが始まった頃に新宿に買い物に行ったようで、今回バスタ新宿から山梨へと向かうことがなんだか愉快に感じられる。バスタ新宿は思った以上に様々な線があり、今回混雑を避けたくて平日の朝に訪れたのだが、それでも人でにぎわっていた。
個人的には最近はもっぱら電車移動が多く、あまり意識する機会がなかったのだが、高速道路もまた日本中を繋ぐ交通網なのだなあという当然のことを再認識してしまった。

f:id:cemetrygates1919:20190429234049j:plain
駅前には信玄公の像が。


これを期にあの『わくわくハイウェイアプリ』もスマホにインストールしておいた(いままでやっていなくてすみません!)

双葉SA

甲府から竜王駅まで電車で移動した後、徒歩で双葉SAに向かった。大抵通り道の休憩ポイントであるサービスエリアが目的地というところからして、なんだか妙な気分だ。

f:id:cemetrygates1919:20190429232827j:plain
やってきた双葉SA!実在したのか!(それはそう)


f:id:cemetrygates1919:20190429234720j:plain
f:id:cemetrygates1919:20190429234729j:plain
双葉はコミカライズが存在するので、結果的にガルラジの媒体的になかなか存在しない、がっちりとした「聖地ポイント」も存在する。
seiga.nicovideo.jp


f:id:cemetrygates1919:20190429232851j:plainf:id:cemetrygates1919:20190429232859j:plain
さっきも書いたがサービスエリアってどうしても「単なる通過点」程度の印象が強かったんだけど、改めてまじまじと見つめてみると結構良いところだなあなんてしみじみ思ってしまった。でも休憩場所なんだし、それはそうなんだよな。のんびりと休めそうなところも多くて、天候にも恵まれなかなか楽しかった。

f:id:cemetrygates1919:20190429232906j:plainf:id:cemetrygates1919:20190429233208j:plain
4月なので桜なども美しかった。ふと見える景色に富士山がそびえているのって、この地域の圧倒的な強みだなあなどと思ってしまう。うちの地元は山に囲まれた風景が頻繁にあって、時々県外の人が驚いているのを耳にする。富士山が見えるところの人にとっては、珍しいことでもないのかも。


f:id:cemetrygates1919:20190429233732j:plain
藤田ゆきのさんが双葉第五回などで宣伝してた「プレみや」も買った。野菜スティックとかいろいろなものに合うらしいので近々開封したい。

笛吹川フルーツ公園

直接関係はないが、近隣でなんかいいところないかなということで行ってきた。ちなみに藤田ゆきのさんが第二回で触れていた場所でもある。つい面白いので面白み優先で聞いちゃうが、藤田ゆきのさんの広報パートは実際現地観光情報としてもかなり有用なのだ、ということを何気に気がつくことが出来た……。

f:id:cemetrygates1919:20190430020934j:plain
電車で山梨市駅まで移動し、そこから徒歩で向かう。バスもあるらしいのだが持ち前の計画性のなさでちょうど入れ違いになってしまった。
ちなみに、この山梨駅~笛吹川フルーツ公園の流れはそのままアニメ『ゆるキャン△』の3話……なのだが駅が改装中で、駅舎にあまり面影はなかった、無念。

これ上りということもあり結構キツい。ゆるキャンではあきちゃんたちが疲弊してヒッチハイクを画策していたが、正直気持ちがわかってしまう。自分は荷物を持っていないとはいえ若さ的に劣っているし、あと双葉SAへも徒歩だったので……などと、ゆるキャンへの思わぬ質感を得てしまった。

f:id:cemetrygates1919:20190430021817j:plain
あきちゃんが「笛吹公園までのせてください!!」を持っていたあたりの道。


f:id:cemetrygates1919:20190430022308j:plain
道中で流しそうめん屋の看板を見かけ、あっこれが第2回で藤田さんの話していた「怪しい流しそうめん屋」か!? とテンションが上がる。


f:id:cemetrygates1919:20190430023113j:plainf:id:cemetrygates1919:20190430023124j:plain
このあたりになってくると、正直大体ゆるキャン聖地巡礼の趣になってきている。散々ウキウキしながら写真を撮って説得力がないが、双葉SAにおいてもガルラジのガの字も存在しないところでグッズを販売していたゆるキャンさんに対抗意識を燃やしています(それはそうと実際ゆるキャンはめちゃくちゃ良いアニメなので……)

f:id:cemetrygates1919:20190430023611j:plain
野クルの面々が休んでたところで休もう~と思ったらまたしても改装中だった。他のところでパフェは頼んだが……。


f:id:cemetrygates1919:20190430023825j:plainf:id:cemetrygates1919:20190430023835j:plainf:id:cemetrygates1919:20190430023844j:plain
春を感じることが出来てよかったと思う。去年は帯広で桜を見たし、オタク・コンテンツはいつだって僕に季節を教えてくれる。

他行きたかったスポットなど


公園で時間を使いすぎたのと、なれない土地の徒歩移動+営業時間を把握しそこねており、養老酒造へはたどり着いたのだが酒類の販売時間が終了していた……(17時までと店頭に掲示してありました)酒瓶を持って歩き回るのを避けたく、一番最後にしておいたのが裏目にでてしまった。のでここで『玉笹』を購入するのはリベンジしたいと思う。

f:id:cemetrygates1919:20190430024838j:plain
近隣の八幡神社で当時まだ発表されていなかったセカンド祈願をするなどしていた。


あとはちょくちょく話に出るショッピングモールではないか、という『ラザウォーク甲斐双葉』も訪れたかったのだが、山梨市駅と方向が逆で駅に戻った頃には疲労困憊だったため、今回は断念することに。結果的にゆるキャンスポットに行っていたらガルラジスポットに行けなかった感じになってしまったが……。

山梨県にあまり訪れたことはなかったのだが、温暖だし自然は豊かだしで良い気分転換になる場所だった。果物の生産が盛んなだけはあり、そこかしこで見かけた畑では桃の花を咲かせており、町全体が華やかで明るい印象。ピンク色の花を眺めながら、玉笹三姉妹もこんな土地でのびのびと育ってきたのかなあと思いを馳せてしまった。SA連動企画なんかがスタートしたあたりで、また訪れたいなと思う。

f:id:cemetrygates1919:20190430030416j:plain
f:id:cemetrygates1919:20190430030431j:plain

2019年はガルラジ!

二回目(7/28)

いよいよセカンドシーズンのスタート、それに伴いSA連動企画が始まった。ということでそのカードを入手すべく再訪。
セカンドシーズンの新たなたまささsistersのごきげんラジオはどうなるか期待と不安が両方あったが、感情がめちゃくちゃになったので凄まじかった。今後も期待したい。

双葉SA

以前に訪れた時はガルラジのガの字もなかった施設にいよいよガルラジの連動企画がやってきた。こんなに嬉しいことはないな。
f:id:cemetrygates1919:20190729033829j:plain
いよいよ現実に侵食を始めたガルラジ。


まずは上りから。
f:id:cemetrygates1919:20190729032832j:plainf:id:cemetrygates1919:20190729032842j:plain


こちらは下り。
f:id:cemetrygates1919:20190729032910j:plainf:id:cemetrygates1919:20190729032922j:plain


どちらもインフォメーションに設置されていたが、写真を撮っていいか尋ねると係のお姉さんが大変丁寧に対応してくれて良かった。並べ替えてもいいとのこと。


f:id:cemetrygates1919:20190729033338j:plain
レストランでは彩乃さんがドヤ顔で抱えている青・赤二色の富士山カレーが食べられる。食事として馴染みのない鮮やかなブルーに面食らうが、味はかなり美味しい。たっぷりトッピングされたフライドオニオンとピクルスが味にメリハリを付けていて嬉しい。

f:id:cemetrygates1919:20190729034151j:plainf:id:cemetrygates1919:20190729034159j:plainf:id:cemetrygates1919:20190729034212j:plain
花菜ァ~~~が持っている軍配や、いつぞやのニコ生で赤尾さんが写真を取っていた信玄公の像なども。

ラザウォーク双葉甲斐

たまささsisitersの日常で登場したショッピングモールにも立ち寄れた。塩崎駅を出てすぐに頭が見える巨大さで迷うことがない。
f:id:cemetrygates1919:20190729034731j:plain


ZIN……ならぬSHINSEIDO。音楽好きの姉妹はやはりここでCDを購入したりしているのだろうか。
f:id:cemetrygates1919:20190729034829j:plain


f:id:cemetrygates1919:20190729035258j:plainf:id:cemetrygates1919:20190729035311j:plain
いくらか館内で過ごし、外に出るといい感じの夕焼け空になっていた。ふとたまささsistersもこんな空の元帰路についたりしているのだろうか、と思いを馳せる。


二度目の来訪も縁(?)の地や連動企画を体験できて楽しかった。連動企画、これからも面白い試みをやっていってほしいなあ。


f:id:cemetrygates1919:20190729035752j:plain
ラジオで何度も話題に上がる銘菓信玄餅も購入できて満足。