日陰の小道

私のロジックは私みたいな話をしたりします

2019年によく聞いたアニソン10選

アニソンは広義であり、アニメ・ゲーム・他オタクコンテンツ発の曲として扱う。
最初は2019年発売・更に狭義の「アニメのソング」にしようかと思ったのだが、今年はそれほど「アニメソング」を聞いておらず、また逆にアイドルコンテンツにちょいちょい触れたこともあり、その記録としてここに残しておく。10選、流行ってるし……。
f:id:cemetrygates1919:20191231150412j:plain

ルール
・2019年に発売したかどうかを問わずに、2019年にわたしがよく聞いたと思う曲。
・キャラクターのグループ名が好きで、(CV.○○)で肥大化する表記が好きでないのとちょっとだけ面倒なので、こちらの世界のグループ・人物名と区別をつけていない。紛らわしかったら申し訳ない。
・できる限り同人物・同コンテンツからの選出は避ける。

One Hand Message / OxT (2017)

作詞:hotaru 作曲:OxT 編曲:Tom-H@ck

One Hand Message

One Hand Message

  • OxT
  • アニメ
  • ¥250

ハンドシェイカー』OPテーマ。W'zに合わせてハンドシェイカーを見て、めっちゃいい曲だな~って聞いてた。オーイシさんスゲー上下するメロディ歌いこなしててすごい、日本語っぽくない発声も面白いな~という感じ。Tom-H@ck氏も個人的にヤマノススメのポップセンスが良いな~と思っていたので、こういうハードな曲もやっててすごい、こっちが本領なのかなという気もするが。
ハンドシェイカーけものフレンズ・バンドリの同期組が全部何故か続編一緒に放送してるのめちゃくちゃおもしろかったけど、オーイシマサヨシ氏は今回はけもフレにしか提供してないんだよな。。
どうでもいいけど「ハンドシェイカーからW'zになってオーイシマサヨシがいなくなった代わりにハヤテがオーイシマサヨシに見た目寄ったよね」みたいな言葉が忘れられずにどっちかを見るたびに思い出す。

Palette (M@STER VERSION) /島村卯月小日向美穂、五十嵐響子 (2019)

作詞:桜アス恵(TRYTONELABO) 作曲・編曲:seibin (ESTIMATE)

Palette (M@STER VERSION)

Palette (M@STER VERSION)

アイドルマスター シンデレラガールズから、3人Cuユニット・ピンクチェックスクールの2曲目。世界一かわいいユニットが世界一かわいい曲を持ってきた。世界一かわいい。
ピンクチェックスクールにオシャレな曲がほしいな~と思っていたのでマジで嬉しい。seibinさん一生推せる……サニードロップもいい曲でしたね……。
ワウギターが入る曲が好きなのでサビのワウギターが好き。ソロのギターとピアノもめっちゃカッコいいんだよな、ギュインギュインカッコいいギターソロ!っていうよりも落ち着いてて良い。
来年はCD発売におそらく大阪の生演奏で聞けるのをめちゃめちゃに楽しみにしている。

シャボン -カラフル・パストラーレver.- / カラフル・パストラーレ (2019)

作詞・作曲:三浦誠司

バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~』EDテーマ。ソロEDが代わる代わる披露されて、さて誰のVerが一番良いか……?と悩んでいたんだけど最終的に5人のが良すぎてカラフル・パストラーレ箱推しになった。
イントロの南国風の音から「海」感があるのだけれど、そこから一度ピアノだけの静かな伴奏になってだんだんと音の数が増えていくのが本当にイイ。みんなの声がだんだんとハーモニーになるんだよな。
2番からB直前とかに入ってくる渋いギターカッコ良すぎる。新人アイドルのデビュー曲なのだけれどむしろ受け継がれてきたという側面が大きいこの曲は、アプローチもレトロなものが多いように感じる。
あと「みんなで見てる夢はまるでシャボン シャボン」天才フレーズすぎる。人魚のシャボンの切ない文脈を残しつつ「空に浮かんでく」「七色虹の色」とポジティブな色を足していくのマジで天才でしょ……。

CD出してください……

ね、いっしょにかえろ。 / 一里ぼっち(2019)

作詞:安藤紗々 作曲:西坂恭平

ね、いっしょにかえろ。

ね、いっしょにかえろ。

  • 一里ぼっち(CV:森下千咲)
  • アニメ
  • ¥255

『ひとりぼっちの○○生活』EDテーマ。三拍子のリズムで優しげなメロディにストリングスが寄り添い、森下さんの一生懸命さを感じさせる歌唱も相まって非常に作品カラーにマッチした一曲になっていると感じる。
歌詞がまた良くて「まるで夢にまで見たようなセリフなので一度は疑って見ますけれど ぱっと笑顔が咲きました 七分咲きかな」のサビのフレーズが実に良い。帰宅がテーマなのもいい、オタクはやさしい帰宅シーンが大好きなので……。ED映像では上部に配置された原作コミックのコマからだんだんとキャラクターが降りてくる、というもの。コミックのアニメ化作品というポジションや作品テーマを活かしたこれまた非常にハイセンスで心に響く仕上がりとなっている。

どんなときも。 / 有原 翼、東雲龍、野崎夕姫、河北智恵 (2019)

作詞・作曲:槇原敬之

八月のシンデレラナイン』EDテーマ。今年のアニソンを語るにあたって2019年最高峰アニソンこと『どんなときも。』は外せないだろう。ところでジャパニーズ・ポップミュージックにそこそこ疎いことで自他共に知られている(?)わたし(実際高木さんのカバー曲半分ぐらい知らないので詳しくない判定出る気がする)だが、槇原敬之ことマッキーは母が好きでよく家で流れていたので馴染みが深い歌手でもあった。実際ヒットソングの『どんなときも。』は普通に好きな曲だったのだが、しかし最初はアニメのエンディングでの使用は流石にウェット過ぎないか? という気持ちもあった。悪い言い方だが往年のヒットソングの力を借りて感動的に仕上げている気がする……などと全力でひねくれた見方をしていたものなのだが、しかしアニメ『八月のシンデレラナイン』が「どんなときもどんなときも僕が僕らしくあるために、好きなものは好き!といえる気持ち抱きしめてたい」のフレーズにこれ以上なくマッチするアニメだということがわかってきた。そうするとこの曲は単に「ヒットソングの流用」ではなく「ハチナイの曲」と感じられるようになるのだ。タイアップでないからこそそうした「意味」というのは余計重要だと思っているのだが、しかしこれは昨年の『あかねさす少女』における『壊れかけのRadio』に並ぶような誠実な使われ方であったのだ。
今聞いてもメロディアスでいい曲、まさか今になってハチナイの内容を想い『どんなときも。』の歌詞で涙することになるとは思っていなかったが……。

あの夏の記録【初回限定盤】

あの夏の記録【初回限定盤】

町かどタンジェント / shami momo (2019)

作詞・作曲:辻林美穂

町かどタンジェント

町かどタンジェント

『まちカドまぞく』EDテーマ。渋谷系サウンド!!!ジャンルとしてそこまで詳しくはないんですが、オタクは渋谷系サウンドぶつけられるとすぐに屈服してしまう。「スリーツーワン」「信じてるからーぁーぁー」の脱力気味の可愛らしい歌唱とかモロその路線だよね、サビでバンバンホーン入ってくるのも良い……。あと渋谷系サウンドはリズムが好きなので……。
shami momoってユニット名も良くて、単にシャミ桃ってカプ名コンビ名の表記を変えただけなんだけど、不思議とこういうスカしたポップス歌ってそうなグループ名に見えない? アニメ関連のグループでもシンプルさからのイメージ変化が鮮やかでかなり好き。OP映像も歌詞も相まって毎週感涙してた。町かどで大切な宝物見つけたいね……。

キライキライCЯY / 市杵島瑞葉、長谷川みい (2017)

作詞:Soflan Daichi 作曲:伊藤翼

キライキライCЯY

キライキライCЯY

  • 市杵島瑞葉&長谷川みい(KiRaRe)
  • アニメ
  • ¥255

今年はアニソン絡みだと圧倒的にリステイヤーだったのだけれど、中で挙げるとしたらまずこの曲かなと言う感じ。俺たちのSoflan×伊藤曲。ある程度意図的にいろんなアイドルコンテンツの曲を聞こうとし始めた年でもあって、それはTwitterでのフォロワーの影響とかいろいろあるとは思うのだけれど、リステにハマったのは実際大きい。なんとなくアニメのストーリーから「わかりやすい王道アイドル路線」みたいなのかなと思っていたKiRaReのイメージがブッ飛んだ衝撃の一曲。こんなに洒落た感じの曲を用意してくるグループだとは……。ここまでシティ・ポップ感を全面に押し出した曲は中でも珍しいぐらいだとは思うけれど、また軽率にやってほしいね。サビのリズム感も好き。
アニメでは4話挿入歌に採用。「オトメのキライキライ本気にしないで」をあのシナリオに持ってくるのマジで天才でしょ。この曲単体で聞くと単純に恋愛ソングかなと言う気がするのだけど、あそこで使われると二人のアイドルとしての曲とも感じられるんだよな。

KiRaRe 1stアルバム「キラリズム」 初回限定盤

KiRaRe 1stアルバム「キラリズム」 初回限定盤

RED SWEETIE / GARNET PARTY (2016)

作詞・作曲・編曲:A.I+
www.youtube.com

イントロドンでいい曲すぎる! って叫んでしまう。ポップス感弾けるの4つ打ちダンスソングが大好き。みんなも大好きじゃない? 「色」を押し出す詞にキラッキラした音が乗ってくるのも大好き。
アイドルコネクト、通称アイコネというのは以前サービス終了したゲームなのだけれどTwitterでよく話題を聞いていて、確かFANBOXにて再始動のお知らせが流れてきた時にビッグウェーブに乗ろうかなと思って500円のノベルアプリ(ソシャゲのシナリオが読める)を購入した。アイコネのシナリオは実際本当に面白くて、アイドルの自己表現だとか、プライベートとの兼ね合いだとか、仕事としてだとかそういうアイドルの話にあると嬉しいな~と個人的に思うものが詰まっていてよかった。キャラクターの描き方もよくって、3ユニットごとでシナリオが描かれるのがユニット内外での対比にうまく繋がってその中で地に足のついた人間たちのドラマがあるんだよね。どこも好きだけどやっぱりガネパが好きかな~火ノ前留奈さんが好きなので……まあ嫌いなオタクおらんと思うけど……。
ノベル内でライブ描写がありつつもCDが入手困難で哀しい思いをしていたのだが、再販によりめでたく入手できた。めでたいぜ。

idolconnect.booth.pm
BOOTHにて販売中。

Sugar Sugar Bee / 桜木ひなた、水瀬鈴音、姫咲杏梨、星宮ゆきな、メイ (2018)

作詞・作曲・編曲:央海加亥

Sugar Sugar Bee

Sugar Sugar Bee

  • 8/pLanet!!
  • アニメ
  • ¥250

『8 beat Story♪』の主人公グループ『8/pLanet!!』の5人の曲。いやこれめちゃくちゃキラーチューンじゃないですか。可愛くも切ない歌詞にクラブミュージック的な4つ打ちポップミュージックが嫌いなオタク存在せん、そう実はこの俺も……。Cでトリップしそうな演出になってるところはたまらなく気持ちいいし、「受け止めて……くれますか?(ウィスパーボイス)」とか全編通してめっちゃ強い。央海氏が受け持ったのは『Boy Friend』も近い路線ではちゃめちゃに好き。
エビストさんもアイドルコンテンツに触れてみようかなという流れで触れてみているのだけれど、児童向けっぽさすらある可愛らしい絵柄からかなりシリアスなストーリーが繰り出されるらしくてドキドキしている。まだそろそろその片鱗に突っ込むかなぐらいのところなのだけれど、実際現段階でもなかなかストーリー面白いです。

Toybox~Lovely~

Toybox~Lovely~

スマイルスキル=スキスキル! / 赤き誓い(2019)

作詞:畑亜貴 作曲:tatsuo

スマイルスキル=スキスキル!

スマイルスキル=スキスキル!

  • 赤き誓い
  • アニメ
  • ¥255

『私、能力は平均値でって言ったよね!』OPテーマ。「わっほーわっはー!」の歌詞フレーズが耳に残る、これぞアニソンだろ! みたいな一曲。ここに今まで上げたOPED曲もどちらも良くて非常に悩ましかったのだが、特にのうきんに関してはどちらも好きな曲で本当に迷った。まあオタクは軽快な合いの手やスラップベースが入る曲が大好きなので……。OPの気の抜けたダンスも作品カラーと合っていて良い、色々あったけど今は笑顔でやってこうよってそういう前向きさがある。合いの手入れさせたらやっぱり畑氏はポップですね……あと1番サビ「スマイルスキル=スキスキル!イェイ!」のテンポがはちゃめちゃに好きだな~「s」の子音でうまく固めてるのが良い。スキルがつく曲は名曲しかないからね。


ということで今年の10選とする。今年はオタクが好きな曲をたくさん聞いてオタクが当然好きな曲ばかりになってしまった。オタクって誰? わたし……でしょ?
来年もオタクソングを聞いていきたいね。