日陰の小道

私のロジックは私みたいな話をしたりします

2022-07-06から1日間の記事一覧

『ぎんしお少々』感想 ~カメラが切り取る曖昧な世界~

6月27日、第2巻の発売をもって『ぎんしお少々』(著:若鶏にこみ)が完結した。わたしも曲がりなりにも雑誌で読んでいたため、連載終了の報は非常にショックであった。しかし改めて単行本発売後にこの作品をじっくりと読んでみると、雑誌の断片的な受け取り…