日陰の小道

私のロジックは私みたいな話をしたりします

2018/10/10 Yo La Tengo Japan Tour 2018 @TSUTAYA O-EAST 感想

USオルタナの雄、ベテランの貫禄のYo La Tengoが今年も来日。ちょっと遅くなってしまったが感想を書いていく。

f:id:cemetrygates1919:20181216004004j:plain


セットリスト

  1. You Are Here
  2. Forever
  3. Detouring America With Horns
  4. The Ballad Of Red Buckets
  5. She May, She Might
  6. Ashes
  7. Periodically Triple Or Double
  8. I Feel Like Going Home
  9. Here You Are

(休憩)

  1. Dream Dream Away
  2. Before We Run
  3. Stockholm Syndrome
  4. For You Too
  5. Shades Of Blue
  6. Drug Test
  7. Big Day Coming
  8. Decora
  9. Ohm
  10. The Story Of Yo La Tango

アンコール

  1. Halloween(The Dream Syndicate cover)
  2. I Saw the Light(Todd Rundgren cover)
  3. Griselda(The Holy Modal Rounders cover)

感想

Yo La Tengoのライブ参加は二回目。前回行った2015年のライブはアコースティック・カバー盤「Stuff Like That There』を引っさげてのものだったので編成もアコースティック寄りなものだったのだけれど、今回はもう少しエレキな感じの編成。


とはいえ今回の新譜『There's A Riot Going On』もゆったりとしたカラーのアルバムなので、そんな雰囲気でのスタート。アルバム曲の『You Are Here』から始まって『Forever』でシュワシュワやってるころには早速メランコリーな空気満載でドリンクもアルコールだったのですっかり気分良くなってしまった。セットリストを見返すとかなり新旧織り交ぜて演奏されており、チョイスのバリエーションは豊か。『Periodically Triple Or Double』なんていいアクセントで、おちゃめな演奏におどけた歌い方をするアイラが楽しい。軽くリズムにノリつつすっかり流れに陶酔していると新譜のラスト『Here You Are』にて前半パートは早くも締め。前回のときも途中で休憩を挟んでいたような記憶がある。


Yo La Tengoも結成は80年台、彼らももう十分いい年だしなあ……などと思っていたが、後半で弾ける。最初こそ同じく静かめの構成だったものの『Before We Run』『Stockholm Syndrome』と徐々にボルテージを上げていき、新譜の中でもノイジーな『For You Too』をパワフルに演奏。この曲好きだったので気持ちよかったな~。更に『Drug Test』なんて結構初期の曲らしい(初期に疎かった……)けれど、彼らがそれこそいかにもなオルタナロックをやってたような轟音を響かせてきていて驚いた。機材ってそもそもそういうものなんだろうけど、スイッチを入れた瞬間にがらりとバンドとしての姿を変える鮮やかさに痺れる。
『Big Day Coming』『Decora』なんかのあたりはもう本当に音のうねりの中で感動を覚えるぐらいに聞き惚れてしまった。なんだかんだ私はロックキッズなので、アルバム『Electr-O-Pura』の周辺は本当にウィークポイント……。『Ohm』で常にリフレインするドラムビートとフレーズから段階的に盛り上がっていく構成で最高潮に達したままクライマックスの『The Story Of Yo La Tango』で締め、いやあ圧巻だった。年とか言いつつ決めるとこでは飛び跳ねたりとパワフルなステージを見せてくれたYo La Tengoに感服してしまった。


アンコールはカバー中心に。無学ながらもこうしたところから彼らのルーツが垣間見えるのが面白い。他だとThe Velvet Undergroundとかやったらしいですね、ちょっと聞きたかった。終始会場は和やかな雰囲気で、音楽の楽しさに酔いしれたライブだった。
ちなみに他だと『Blue Line Swinger』もやったとか聞いて、いやあれは死ぬまでに一度は聞いておきたい曲に入っているので、羨ましい限り……。ということで、また新譜を作って来日して欲しいねー。

f:id:cemetrygates1919:20181216004030j:plain
変わらない姿に安心する。ボーダーのTシャツがチャーミング。


There's A Riot Going On [帯解説・歌詞対訳 / オリジナルステッカー封入 / 国内盤] (OLE13482)

There's A Riot Going On [帯解説・歌詞対訳 / オリジナルステッカー封入 / 国内盤] (OLE13482)

Fade

Fade