日陰の小道

私のロジックは私みたいな話をしたりします

【リステ3rd】2019/11/17 Re:ステージ! PRISM☆LIVE!3rd STAGE~Reflection~ 各曲感想+おまけ(後編・夜の部)

ライブ感想後半戦、こちらでは夜の部の曲感想を書いていく。
こちらでも引き続きライブ感あるスタイルでやっていきますので、暖かい目でお楽しみください。
f:id:cemetrygates1919:20191123153430j:plain


cemetrygates1919.hatenablog.com
前編記事はこちら。

各曲ごとの感想

Stage of Star

一曲目ステラマリス!! アニメじゃん……(曲は違うけど)
サビの腕振り上げる動作がカッコいいですよね。あと「Stage of Star~(ハイトーン)」めっちゃ好きなんだ。
ていうかプレミアムの恩恵は実際すごくて、声優さんがガンガン目視できる。凄いぞプレミアム。田中あいみさんかっわ……100万回言われてますけど3人の中で背が低いの岬珊瑚さんすぎる。ステラマリスが好きで本当に良かった~。

リメンバーズ!

リメンバーズ来た!!!!!!(絶叫)(8回目)あ~最高、KiRaReのことが本当に大好きや。KiRaReのオタクで本当に良かった。
各キャラクターの紹介めいた曲がマジで大好きでさ……みい先輩パート思い出すだけで叫びそうになっていますからねわたしは。サビ前もめちゃめちゃ気持ちいいですよね。名曲か?
バックのノリが異様にいい間奏ということで有名な間奏も生バンドに生のMCパートということで、これぞライブの醍醐味という感じ。曲の途中でMC挟む曲実際好きなんですよ、ピロウズのノンフィクションとか……。
あとCメロの舞菜な~~~~~~神々しい……。

君とインフィニティ

絶叫(9回目)歌える~~~ここで歌える~~やっほーー!!君と……君と君と君と君と君と君と君と君と君と君と……(2500人)
うーんオルタンシアやっぱりコール曲の強さが際立ちますね。やっぱりオルタンシアなんだよな、オルタンシアのオタクで良かった~。
リリックの乗せ方も気持ちいいし、ゴー!やっほー!ほんとに楽しかったな。ここまで強固に「二人」をやるユニットなのに「みんな」の歌にもなるっていうのがさ……いや本当に君と君と君と君なんす……。

Heroic Spark

テトラルキアかっこいい~~~やっぱりテトラルキアが最高~~~!
改めて近いとパフォーマンスの迫力ヤバでしたね……ヤバ……これが名古屋代表の実力か~。サビでひたすら拳を掲げていました。
っていうかいやほんとに歌も上手いですよね……。いや本当にアニメ10話のトンチキイメージがかなり先行していたんですがそろそろ払拭されてきました。

STORIA

STORIA、来てしまった……STORIAより好きな曲存在せんかもしれんな、やっぱりトロワアンジュなんだよな。
残りの曲であんまり休むポイントないんじゃないかなの予想がありましたが、STORIAで休んでいられないですよね……。
トロワアンジュ聞いてる時のわたし、ずっと口空いてたかもしれない。伸ばした声の響きヤバ……。

WINTER JEWELS(スペシャルユニット:舞菜・紫・かえ・ハク・紗由・珊瑚)

ほーんスペシャルユニットか~って見てたら最後に登場したさゆさんごがじゃんけんしてて叫んでしまいました(10回目)
リステップのストーリー読んでから何気に結構まなさんごもわたしの中でアツかったのでいろいろ嬉しかったですね、いや2話好きだからまなかえも好きだし……拙者実は同学年で色々と組めるグループが大好き侍……。
そのあとかかったのがWINTER JEWELSなのでまた叫んじゃいましたえへへ(11回目)いや~~~~~~WINTER JEWELS本当に名曲なんですわ。ちょっと寒くなってきた時期に聞けて……嬉しい!
WINTER JEWELSといえばわたしが選ぶリステ楽曲で一番バックの演奏が好きな曲ということで知られているので、生バンドでこの曲っていうの本当に嬉しかったですね。ギターの音本当に好きなんですよ~ほらこのギターソロなんてめちゃくちゃカッコよ……お、おいオタク! 待ってくれ! 今だけはオイオイしないでくれ!(それはそう)
全員1年というのも出来すぎている気がするけれど、この曲に合うのは実際そういうメンバーかもしれません。終演後に、オタクの方との会話で「これは冬の曲なので実際のストーリー上のKiRaReにはまだ作れない存在しない曲なんじゃないかな」という話題が出てきたのがちょっと面白いなと思いました。実際に冬だと3年生はもうじきにいなくなっちゃうんですよね……。ある意味「置いていかれる一年生の別れの曲」と聞くと、なんだかこのタイミングでとか、色々なことを考えちゃいます。

DESERT BLACK FLOWER(ショート)

ここからメドレー。一番、式宮碧音さん!? 10秒待たずに心はスタンディングオベーションでしょ……。
いやーやっぱりなんでしょう、碧音さん"王の風格"みたいなのがあるんですよね。式宮姉妹の「他者への深い慈しみのある愛の人」と「孤高のカリスマが」同居してるのマジで好き。
たかみなさん、演技ではちょいちょい拝見しててフリフラのリリイベとかで面白い方だな~の印象だったんですが、いや歌うま……こんなにパフォーマンスできる方だったんだ……。

Skip(ショート)

いやーこういう曲が出てくるのが本当に嬉しいですね。多分トロワだと出てこないであろうスウィングのリズムで跳ねる楽しげな曲、手拍子とかしちゃいたくなる。こういうカラーの違いがあるのがソロの嬉しいとこですね。
しかし歌い方がアイドルっぽくないよね。いやフルでも聞きてえな~。

Twin Moon(ショート)

あべりかさんがやっぱりいちばん歌唱力バケモンだと思いますよわたしは。「どうか消えないで~」のロングトーンで早速消し飛びそうになりました。
こんなファルセット多用する難しそうな曲を良くさらっと情感たっぷりに歌えるな……。ていうかそのファルセットがそもそもめっちゃ美しいな……。
個人的にあべりかさんはFA:Gのイベントで初めて歌唱を聞いたんですが、その時にもとんでもなくてブッ飛んだ記憶があります。またリステ現場に行くことで歌声を聞く機会がありうれしい……。

Flavor Youth(ショート)

Go!!!! テトラのソロ曲では一番音楽性的にグループのものと同一線上にあるタイプだと思いますが、一人でやるからこそ際立つ山田さんのポテンシャルの高さ……一人テトラルキアか???
「は~るの~にお~いさえ~↑」の響きがめっちゃ素敵だった気がします。さすがチームテトラルキアのリーダーだ!
去る時の山田さん「やっぱり俺がテトラルキアのリーダーだろ?」客・わたし「イェ~~~~~~!!」

TA.I.YOU(ショート)

出てきた高柳さん「テトラルキアリーダー、南風野朱莉!」客・わたし「イェ~~~~~~!!!!」
これは秘密の情報ですがテトラルキアだと南風野さんが好きだと思います、お姉さんキャラが好きなので……。高柳さんも今年放送した『ひなろじ~from Luck & Logic~』とか『まちカドまぞく』などで声を知って気になってた方で、リステで初めてステージを見ることができ嬉しいです。ソロの伸びやかな歌い方も素敵だったけどグループだと長い髪を振り回してパフォーマンスするのも好き……。ウォウウォウ~

アイノウ・アイノウ(ショート)

ここでアイノウ・アイノウが来る!!!!!!!(超緊張) 真っ白な傘を持って佇む花守さん、ステージパフォーマンスどころかもはや演技の域に達しているような迫真の姿に目が離せなくなり、屋内でありながらもあたかもステージ上では冷たく振り付ける雨が見えているようでした。先程も少し話したグループではできずソロならではの方向性という意味でも、最も際立っている楽曲でしょう。キャラクター造形から言ってもかなり意外性のあるシリアスな一曲だったと思いますが、今日この瞬間のためにあったのではないかと思えるほどの完成度。パフォーマンス・歌唱、全ての表現が圧巻でそこには花守さんによって構築された世界しかなかった。本当に今日聞くことができてよかったと思います。

Bloogimg,Bloogimg!(ショート)

Glory StarとBloogimg,Bloogimg!を作詞・作曲した園田健太郎さん、LOVE……。マジで名曲ですよこれは。あまねろ先生がめっちゃ頑張って歌ってるの、舞菜なんだよな~~~。
「ソロ」の曲で敢えて「この"場所"だから咲くことができたよ」ってチームの話をするのマジで500点満点なって感じでしょ。園田先生はちょいちょい触れた程度ですが、曲もさることながら詞がマジで大好きで……†吸tie Ladies†のワードセンスだったりShabon song(名義違い)の構成の美しさとか本当に凄いですよ。このまえインタビュー記事見たんですが、わたしが信奉する作詞家のGRAPEVINE田中和将氏の名前を上げられててうお~~~~そこ繋がるのか~~~ってめっちゃテンション上がってましたね。関係ない話になってきた。Bloogimg,Bloogimg!も曲・詞双方の構成が良すぎるのでまたフルでも聞きてえ~~。

ロケット(ショート)

紗由さんのソロがこういうちょっとしっとりした方向なの、こうじわじわと良さ味を感じてきています。月坂紗由さん、大人ぶっちゃうことができる少女なんすよね……Re:ステージ!ドリームデイズ♪ 9話『向こうの親御さんには私から連絡しておくわ』;;
キトアカさんのロングトーンの美しさが際立つ名曲なんだよな。紗由さんがアイドル活動しているだけで嬉しくなっちゃうね……ソロ二曲目は元気な曲とかも聞きたいな……(気が早い)

ミライKEYノート(ショート、ここぱんな・香澄)

香澄さんソロミライKEYノート!?!?意外性でヤラれたのはここが一番と言っても過言ではないかもしれません。改めて思うと舞菜と紗由のソロを経て自分の声を届けようとする香澄さんという流れ美しすぎるな……。
動きが非常にロボットめいているという指摘などもされていて、これはここぱんなであり本城香澄さんなんですよね。こういうパフォーマンスの観点ではガジェプリとの接続があるのも美しい……。是非歌唱と合わせて再度BDでじっくりと聞きたい一曲です。

For You! For みい!(フル尺)

絶叫!!!(12回目)今日おれはこの瞬間の空見ゆきさんを見るためにこの場所に来た!!!!!!! おそらくここのフル尺ソロで演るであろうことは予想・期待していたので嬉しかったです。
For You! For みい!ほどライブで聞いて感触が変わった曲も珍しくて、なぜならこの曲はアイドルとファンとそしてライブの曲なんです。コール&レスポンスをやるというこの空間で初めて本当に完成するこの曲。これこそが我々一人一人のReflectionなんですよ!!!!!!好きと好きが重なっていく最高のステージなんす!!!!! ラストの「You!」「みい!」のコールは本当にアツくなっちゃうな~。


ソロ活動ってある種みい先輩にとってはキツい時期でもあったわけじゃないですか。集団に恋い焦がれていたからこそみい先輩はKiRaReというグループを人一倍愛しているんだと思っているんですが、そんなみい先輩が改めて「KiRaReのソロ」としてこの曲を歌う。これもまたイマによって過去の意味合いが変わってくるRe:ステージ!じゃないですか。アニメでは生徒副会長としてのアイドルであることを隠してきた姿を盛り上げギミックとして使うのもそう(アニメでは特に副会長姿はKiRaReに対するヒール役としての印象が強かったのがまた……)そしてこの曲がソロアイドルの曲として披露されたアニメ自体もまたリステというお話の再演・変奏の「Re:ステージ!」でもあり。曲を中心に考えるだけでも本当にいくつもの"Re"があるんですよね。
空見ゆきさんはブログ等でお話を拝見してもものすごい責任感と自負を両方持ってこうした場に臨まれていることがよくわかって、本当に凄い方だなと思います。ファンからすると自信満々な発言をしてくれるって本当に嬉しいし頼もしいんですよね。何故ならファンはやっぱり最高の姿を見に来ているわけで……。他のオタクの方と話していても頻繁に「空見ゆきさんはスゲ~」という話になりますしこの日もなっていました。「空見さんは感情が高ぶると声が上ずってアツくなってくれるのが良い」「あんな人なのにみい先輩が愛されないとしたら自分の力不足とか言っちゃうし謙虚過ぎる」「いやいやいやいや空見ゆきさんホンマに」
もとからせー跳べと同じく優遇されるパワーのあるライブ・ブチ上ゲ曲ですが、ステージを所狭しと駆け回るみい先輩がこれまた煽る煽る、我々のボルテージも限界を超えていきます。いっせーのせ!でジャンプするのもめっちゃ楽しい~。


アニメを見てライブに行こうって思った時から登場したうちわを持ってこれになりてぇ~って思っていて、それが実際できたのも個人的に嬉しかったです。うちわ、結局リステのレギュレーションがちょっと不安でしたが大丈夫そうかな(人に迷惑をかけないようには気をつけていました)
お話を聞いているとちょいちょいうちわ持ってるひとがいたらしいですね、あまり近くにはいらっしゃらなくて直接は見られなかった……。わたし自身ライブ直前にうちわ作られている方がいて、あ~わたしもやらなくっちゃな~で作りました。やっぱりアニメ後のライブってアニメの世界に行きたいな~って気持ちをちょっとだけ叶えてくれるのがめちゃくちゃ好きで、だからアニメの世界だな~って気持ちを味わいたかったんですよ。これはフィクション世界に対する祈りなんですよね……。「一番可愛いのだあれ~?」のノリがリリイベの時はわからなくて困惑しちゃいましたが、今回は「長谷川実先輩~!」と叫べたので嬉しかったです。稀星学園高尾校一般生徒会役員だと自分のことを思い込んでいる一般クソモタクなので……。

月影のトロイメライ

いや本当にアップダウンすごいライブだな!? 一瞬の暗転の際に水を補給しながらステージに釘付けになる簡単な作業です。
トロワ、毎回新鮮に思っちゃうんだけどやっぱすごすぎるグループでしょ……一人ひとりが歌うだけで世界が震えるの一体何。
月影のトロイメライより好きな「Singing for you~♪」「Brighting for you~♪」存在せん、これはガチ。

Seventeen Feel

構成が光るSeventeen Feelをここで! 関係ないんですけど終演後に「テトラのワンマン、Seventeen Feelの最初ぐらいしかギリギリ休めるとこなさそうですよね~」みたいな会話が発生して確かにそうだなと笑いました。まあ静かなパート前フリなんですけど……。Monkey Gone To HeavenとかSmells Like Teen Spiritとかハイブリッドレインボウとかそういうアレですよね。サビ気持ちいい~~。

Time and Space

これこれこれこれ!!! 正しい!!!(絶叫)(13回目)リステ・最・俊・龍・イントロ!!!! 最高すぎる……
この頃になるとステラマリスの演奏のエモーショナルさを完全に肉体に叩き込まれてしまったので所々で絶頂ですよ。今聞きながら文を書いているんですが音源でも魂が震えています。。完全にオタク・ポップ・ソングの文脈を踏まえつつHR/HMの要素を融合させることのシンプルな歓びを完全に理解しちゃいました。ステラマリスのみんな本当にカッコよくて可愛いな……って毎回言っちゃう。

宣誓センセーション

俺はこの瞬間を生きるために大宮に来た!!!!(絶叫)(14回目)
もう完全にこの時はわたしも Joy Joy JoyなNumber Killer Killer Tune Ready Go!! Hey Hey C'mon DJ We Are KiRaRe All Right!! Run Run LuckyなNumber 1・2・3・4 Ready & Dive Goin' on!! Goin' on!! Everybody!! Let's Get Down We Go!! でしたね~。
KiRaReの4人ぐらいで電車ごっこみたいな動きをするのかわ……完全に「個」と「全」の動きが際立ってましたね。ラスサビ前に生バンドでギュィィィーンってやんのカッコ良すぎるな。Bメロで叫ぶのずーっとやりたかったのでめちゃくちゃ気持ちよかったですね。

Sinfonia

いやマジで語彙力ないので毎回スゲ~~~ってなってた記憶しかないんですよね……。この曲に限らずなんですが照明演出もトロワは他と一味違い、シルエットが際立つような神々しさを感じさせるものだったのが印象深いですね。もう一回言うけど天使としか言いようがないよ。もう歌唱から佇まいから全部が全部すごくてほえ~って感じでしたね。
天使みたいなユニットって設定から、実際天使みたいな印象を抱かせるステージできるの実際めちゃめちゃに凄まじくない? Re:ステージ!、怪物か?

Fearless Girl

このあたりでペンライトが死にがちだったので特にテトラはほぼ素手でした。なので振りコピっていうのをやってみようかな~と思ってやってたんですが(わたしは動きのセンスが皆無なので大体変な動きになりますが……)この曲が一番楽しかったですね。いや拳突き合うの楽し……。テトラルキア、カッコいいグループなんですけどみんなめちゃくちゃ楽しそうにやってて二人ぐらいでわちゃわちゃやってニコーって笑うポーズの時ほんっとに可愛くてこっちも満面の笑みでした。良いグループだぁ~。あと完全にテンポ半分になってオイオイ言うのが好きな体になっちゃった。

恋はフュージョン

恋はフュージョンきた!!!(天を仰ぎながらガッツポーズをして絶叫)(15回目)
ステラマリスの中でもポップ感が弾ける非常に爽快な一曲ですよね。重い曲もいいですけどこういう曲を生で聞けるのもめっちゃ嬉しい、間奏のリフカッコよ……。恋はフュージョンステラマリスで一番好きな曲かもしれん……。こういう曲演ると珊瑚ちゃんの可愛いボーカルとかパフォーマンスが際立ってて嬉しい~って感じでした。いやぼくはステラマリスのチーム感実はハチャメチャに好きなので、みんなが楽しそうだとめっちゃ……嬉しい!
あ~あと珊瑚ちゃんの最後のイェイ! そ・れ~~~~~~!!!って感じでした。それが見たかったぁ~~~!!! 岬珊瑚、お前が最高のアイドル。岬珊瑚さんが好きで本当に良かった……。

キラメキFuture

キラメキFuture;; あのアニメ7話でも本当に素晴らしいステージだったキラメキFutureを実際に見るなんてそんなことをしてしまって本当にいいんですか。もしかしたら俺の前世はどっかの戦争を終結させたぐらいの善行を積んどったのかもしれん……。
大体嬉しいポイントありすぎるだろ、「みんなの夢ぎゅっと集めて~」の動きずっと見たかったのがリアルで存在してたし、「世界中に広げたいよ笑顔~」の世界一可愛い部長見ちゃった世界一の人間になったし、「憧れは~」の全員での動き! 全部が嬉しい……ボロッボロ泣きながら本当に今日の瞬間を生きていてよかったって感謝してた……。完全にアニメやん……。

Dear マイフレンド

この曲がかかった時にどんな反応をしたか覚えていません。多分あの瞬間会場にいた殆どの人がこの曲が流れた理由を一瞬で理解して、そして小澤さんが言う「最後の曲」という意味をまた受け止めていたんじゃないかなと思います。そこに言葉は無くとも、会場の気持ちが一つになっていたような気がしました。この曲を、この瞬間を、決して悲しいものにはしたくなくて、そして一番そう思っていたのはおそらくステージ上のお二人だったんじゃないかな思います。それでもCメロで背中合わせになって歌うところで小澤さんの声が思わず震えてしまった時にもうなんもかんもだめになっておれも涙を流してしまった。それを見守り歌う花守さんはずっと気丈で素敵な笑顔だったような気がします。
「オルタンシア」としては変わらない二人の曲で、でも現実世界では色々なことがあって。だからどういう面持ちでこの瞬間を見るべきなのか、見るべきだったのかは今でもわからないけれど、あらゆることが曖昧になったこの素晴らしいライブだったからこそ、様々な意味の奔流を感じて。うまく言葉にはできないんですけれど、そういう背景があったからこそこれ以上無く記憶に残るステージだったんだろうなと、それだけははっきりと言えます。


曲が終わった後で昨日のように順番にメンバーが出てきました。変なポーズをキメるバンドメンバー。「お前ら全員テトラルキアのリーダー!」の煽りで盛り上がるテトラルキア。「熱いお茶会」などとふわっふわしたトークを繰り広げるトロワアンジュ。「ステラマリスです!」と変なポーズをキメるこういうとこでは愉快なステラマリス。笑顔で登場するオルタンシア。わいわい登場するKiRaRe。
椿本Pから託され、小澤さんが花守さんに花束を渡していました。空見さんは思わずオルタンシアの二人に抱きついていました。会場が暖かい拍手で包まれ、いつまでも鳴り止むことがなかった。様々な想いが反射してあの場所を包んでいたような心地がしました。

Don't think, スマイル!!

アンコールで再び登場したドンスマ。ここはまた始まりになるんですよね……同じ空見上げて同じ夢目指してるんす……。
改めて聞いたこの曲は昼の一曲目のときとはまた色々と違って聞こえて、体も温まってるしもっと素晴らしく聞こえてきたような気がします。これもまた「Re:ステージ!」なんですよね……。
本当にわたしはアニメからの新規だったんですが、リステというバスに遅れて乗り込んで、そんなわたしをこの景色まで連れてきてくれて本当に有り難いです。これからもきっと様々な素晴らしい光景が見られることを祈って……。そして次の曲で今日は本当に最後になってしまうんですね。よっしゃ聞くぜ、来いよ、もう一度Re:ステージ……

ハッピータイフーン

アンコールラスト曲ハッピータイフーン!!!!!?!?!??!!?????
今回セトリ予想を裏切られたポイントがいくつかあって、フル尺だった「せーので跳べって言ってんの!」二日目のここぱんな「ミライKEYノート」そしてこの「ハッピータイフーン」ですよ(全部に香澄さん関わっとるな……サプライズの名手か?)
ハッピータイフーン、元々歌詞があったけぇ~とは思っててわたしも時々労とかの合間に元気づけられていた(オタクいい話)曲なんですけど、改めて、今このタイミングで、ライブの総括として披露されることでまさかこんなにも素晴らしいエンディングになるとは!
コール&レスポンスが入ることによって、これもすごく相互の曲になったなっていう印象があって。「なんかつまんない時は(あるよ)なんか凹んじゃう時は(OK)」っていうのが相互で背中を押せてるのかな、なんて思っちゃうんですよね。みなさんの歌で我々が勇気づけられて、そしてまた我々の反応でみなさんが嬉しくなっていただけたなら本当にそんなに幸福なことはないなって思うんですよ。
そしてこのライブは花守さんにとってはリステを卒業されるライブでもあるじゃないですか。今後のリステの歩む時間を花守さんは共にいられないし、我々もまた日常に戻っていくわけなんですが、そんなそれぞれの道の一瞬の交差点にいまこの瞬間があって、そしてこのハッピータイフーンがある。みんなみんな全部巻き込んだ大きなうねりが、凄まじい熱狂が、忘れられないこの一瞬がわたしたちのこれからの人生においてずっと素敵な思い出として残るのならばそれ以上に素敵なことはないですよ。本当に本当に本当に素晴らしかった。笑顔しかないですよ。
このハッピータイフーンに、Re:ステージ! PRISM☆LIVE!3rd STAGE~Reflection~に参加する時の、いやわたしがライブというイベントを体験する時に期待しているような全ての歓び・感動があったといっても過言ではない。


終わった後はやっぱり呆然として、ただただ凄いものを見てしまったなという気持ちになっていました。いっぱいの曲も聞けたけどまだまだ聞けなかった曲も多いので、これはワンマンライブに我々を引きずり込む作戦では? などと考えていました。いや素晴らしいライブなので感想では終始褒めてるんですけど、ユニットで一番好きなSecret DreamとかエンゼルランプとかStay Togetherとか干したの明確な挑発行為ですからね。許せねえ……。
そういうのもあって本当に褒めつつも点数は厳しめになっちゃうんですが、いや感想記事でこんなマイナスお気持ち話をして申し訳ないです。本当にこれらは好きな曲だったので非常にショックで、500点満点採点でどうしても500点ぐらいは減点しちゃうことになって、どんなに良くても0点になっちゃうんですよ、本当に残念です……。


ということでRe:ステージ! PRISM☆LIVE!3rd STAGE~Reflection~、5億点加点から500点マイナスで4億9999万9500点(500点満点)です! お疲れさまでした!
ワンマン超楽しみだな~。

おまけ:我らがみい先輩を応援するうちわを作ろう!

今日はみいが応援用うちわの作り方を書いていくみぃよ。ちなみに「うちわ 作り方」とかで検索すると歴戦のジャニとかKPOPのオタクさんの記事がいっぱい出てくるので、ぶっちゃけそっちのほうが55555倍ためになるみぃ。(いかにして視認性を上げるかとか全然知らない創意工夫の話が繰り広げられていてかなり興味深かったみぃ……)でも小学校以来の工作をして苦労したからせっかくなので書いておくみぃ。


用意したもの

  • うちわキット(セリアで2セット100円)
  • 蛍光ペーパー・ピンク(セリアで2枚100円)
  • キラキラモール・ピンク(セリアで100円)
  • キラキラモール星つき・金(セリアで100円)
  • 両面テープ・強力用(200円ぐらい)
  • カッターマット(1000円ぐらい)
  • デザインナイフ(家にあった)
  • はさみぃ(家にあった)
  • 白いプリント用紙(家にあった)
  • 鉛筆(家にあった)
  • Re:ステージ!ドリームデイズ♪ 9話『向こうの親御さんには私から連絡しておくわ』のキャプ画像(家にあった)

単純な材料費だと600円ぐらいで安価みぃね。

f:id:cemetrygates1919:20191123151131j:plain
9話より。


まずRe:ステージ!ドリームデイズ♪ 9話『向こうの親御さんには私から連絡しておくわ』のキャプを用意してデザインを確認するところから始めるみぃ。本当はもっと早く始めるつもりだったみぃけど、夏休みの宿題をギリギリにやる悪癖が完全に発動してライブ前日にやる羽目になっちゃったみぃ。そのため頻出のハート型ではなく調達も工作も簡単そうな通常のうちわ型にしたみぃよ。黒いジャンボうちわなるものもメジャーっぽいみぃね。
最初は自分で似たような文字を書こうと思ったみぃけど、あまりにも下手すぎて全然うまくいかなかったみぃ。なのでキャプをモニターに映していい感じの大きさに拡大しながらプリント用紙に透かしで文字を写していったみぃ。文明の利器みぃ。
紙を文字の形に切り抜いて、それを参考に蛍光ペーパーを切り抜いていくみぃ。表面がデリケートなので裏から鏡写しの文字でやったほうがよかったみぃ。本当はシール状のものが楽で良かったんだみぃけど、近所だと売っていなかったみぃよ。ただの紙なのでそれに両面テープを貼り付けてからはさみでついでに文字の形も整えつつ切っていくみぃ。
星は自分で切ってもよかったみぃけど、文字を書こうとした時のドヘタ案件を考えるといい感じの既製品を調達する方向で正解だったみぃ。キラキラモールについている星を切り取ってそのまま貼っていくみぃ。キラキラモール、名前をまず検索するところからこまったみぃけど、実際久々に持ってみるとゴミがエグいぐらい落ちるみぃ。クリスマスシーズンの世のお母さんの胸中を察し涙したみぃよ。これも貼り付けは両面テープでやったみぃ、地味に面倒だったみぃ。ところでこの星、他の数を見ても決まって5個なんだみぃ。つまりこれはKiRaReの他のメンバーで、「みい」の文字も合わせて6人を応援するということをきっと表現しているデザインなんだみぃ。他のメンバーのことまで考えた生徒会の面々のことを想い、胸を熱くしていたみぃ。
表面のデザインが完了したら、あとはうちわのまわりに両面テープを貼り付けていき、適度な長さにカットしたピンクのキラキラモールを貼り付けていくみぃ。テープで上手く貼れるのかみ? ともちょっと思ったけど思いの他しっかりと固定されていたみぃよ。

f:id:cemetrygates1919:20191123153327j:plain
みなさんも現実と空想の境界をどんどん曖昧にしていきましょうね。それではごきげんよう~。