日陰の小道

土地 Tap:Green を加える。

アニメ

話数単位で選ぶ、2023年TVアニメ10選

年末のこちらのaninadoさんの企画に参加します。 ■「話数単位で選ぶ、2023年TVアニメ10選」ルール ・2023年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。 ・1作品につき上限1話。 ・順位は付けない。 陰の実力者になりたくて! #20「…

『北極百貨店のコンシェルジュさん』を見た日のこと

hokkyoku-dept.com とにかく、私は映画館に映画を見に行くのが苦手である。年単位で考えても、今年はゆうに片手で数えられてしまうほどしか足を運んでいない。そういう性分なものだから、ちょっとネットで評判が気になる作品だとしても、相当のヒット作でな…

『劇場版 ポールプリンセス!!』の魅力 ~ポールダンスにまつわる《握る》ことと《浮遊》について~

はじめに 《握る》ことの意義 《浮遊》のパフォーマンスの魅力 おわりに

『星屑テレパス』アニメと原作漫画の比較メモ(アニメ3話)【星テレ】

あくまで個人用のメモです。 できる限り気になった箇所を取り上げますが、全ての差異を網羅するものではありません(媒体が違うので網羅しようとするとあまりにも多くなるため) 補足で原作の該当範囲を記します。 第3話「爆薬メカニック」アニメと原作の比…

『星屑テレパス』アニメと原作漫画の比較メモ(アニメ2話)【星テレ】

あくまで個人用のメモです。 できる限り気になった箇所を取り上げますが、全ての差異を網羅するものではありません(媒体が違うので網羅しようとするとあまりにも多くなるため) 補足で原作の該当範囲を記します。 第2話「夕焼ロケット」アニメと原作の比較 …

『星屑テレパス』アニメと原作漫画の比較メモ(1話)【星テレ】

あくまで個人用のメモです。 できる限り気になった箇所を取り上げますが、全ての差異を網羅するものではありません(媒体が違うので網羅しようとするとあまりにも多くなるため) 補足で原作の該当範囲を記します。 第1話「彗星エンカウント」アニメと原作の…

『星屑テレパス』という令和最大級のきららアニメを見てくれ!【星テレ】

『星屑テレパス』アニメ化おめでとうございます!原作コミックからして大好きな作品がアニメ化することになり、本当に楽しみです。 『星テレ』は『ぼっち・ざ・ろっく』に続くきららアニメであり、『ぼざろ』の大ヒットから更にきららアニメのブームが来る可…

『好きな子がめがねを忘れた』が良すぎたから、オタクもめがねを買うぞ!

はじめに:アニメとめがね めがねと印象 アニメキャラクターのめがね めがねを買うぞ! おわりに

MyGO感想文をNoteに書いた(+捕捉)

NoteにてやっていたMyGO感想文キャンペーンに応募するためにNoteに書いたが、内容的にははてなブログに投稿する路線だなと思ったので、こちらにリンクを掲載する……というだけの記事。 Note note.comおわり。

【自由研究】「萌え」とはなんなのか? 自己のルーツに迫る

萌えの研究家である末茶藻中です。みなさん、萌えてますか?いや、今回の話題はちょっぴり違うかもしれません。 みなさん、「萌え」を使っていますか? 昨今の「萌え」事情 私的「萌え」の変遷について ガールズ選出から見る「萌え」 マジのガチで”本気”の4…

~無力な音楽の持つ力~ アニメ『Lapis Re:LiGHTs』の再考

はじめに 『Lapis Re:LiGHTs』における音楽 実用的な魔法と、そうでない音楽 「できることをできる範囲で」というスケール おわりに

『BanG Dream! It's MyGO!!!!!』3話までみてMyGO!!!!!ちゃんにカヴァーして欲しいと思った曲10選

『BanG Dream! It's MyGO!!!!!』3話まで見た*1ので、MyGO!!!!!ちゃんにカヴァーしてほしい曲を発表します。天使様*2の時は全然俺のカヴァーして欲しい曲をカヴァーして貰えなかった*3ので、今回はムチャクチャ念を送ります。 俺は本気や!!!!! おい!!…

アニメ初心者必見! アニメ好きが選ぶ、厳選最強アニメCM10選

目次(クリックで開きます) はじめに 厳選最強アニメCM10選 空戦魔導士候補生の教官 武装少女マキャヴェリズム ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 BAKUMATSU シュガーアップル・フェアリ…

『フタコイ オルタナティブ』と、追憶

2023年の今になって、2005年のアニメ『フタコイ オルタナティブ』を見た。メディアミックス『双恋』シリーズにおけるアニメ作品で、前作アニメ『双恋』から設定などを変更した挑戦的な作りのアニメだったらしい。

随筆:もしかするとお姉ちゃんキャラのことが大好きなのかもしれん

今期放送中のアニメに『異世界ワンターンキル姉さん』という作品がある。コメディタッチでありつつもここぞというところにケレン味の強さがあるギャップに、アニメそのものの印象が変わるようなストーリー性の強いインパクトのあるED映像など、なかなか面白…

TVアニメ『人間不信の冒険者たちが世界を救うようです』12話の「視点」の映像について

先日、TVアニメ『人間不信の冒険者たちが世界を救うようです』が最終回を迎えた。 アクションや演出に派手さはないものの、アニメ全体を通じてかなりユニークな画作りが多く、見ていて退屈しない作品であった。 特に最終回の映像のキレは凄まじかった。この…

『Extreme Hearts × Hyper × Stage』感想 ~イベントと、観客について。~

家に籠もっていると気がつかないものだが、どうやら桜も花をつけているようで、気がつけばすっかり世間的には春めいているらしい。そんな少し早い季節の到来を感じる3月26日、外はあいにくの土砂降り。こんなに降る日に外出するのも珍しいのだが、今日ばかり…

TVアニメ『Extreme Hearts』が「拡張」したものについて

はじめに 『Extreme Hearts』の描くスポーツ スポーツの横の繋がり 「競技」よりも「娯楽」……弱い立場に寄り添うシーンのあり方 リハビリチームとしての「RISE」 スポーツの異なる種目を繋げること まとめ:『Extreme Hearts』が描いているスポーツシーン 『…

話数単位で選ぶ、2022年TVアニメ10選

年末に20本好きな話数を見返し年間10選を選ぶ催しを今年もやった。 順位はつけない。 CUE! episode9 『We Can Fly!!!!』 薔薇王の葬列 #22『Use your head more, damn brat. Don't die even if you are weak.』 ヒーラー・ガール 歌唱8 『メイドさんが大好き…

2022年アニメOPED10選

アニメ単話10選はどうやっても年内に終わらないので、OPED10選をやってみることにした。 リンクは公式から拾うようにしているので、OP映像がなかったりします。 『スローループ』 やじるし→ / ぽかぽかイオン(OP・冬) 『おにぱん!』 おにパパパン!パン!…

【舞台探訪】アニメ『Extreme Hearts』の聖地を探す神奈川めぐり

皆さんこんにちは。アニメトークロボット「MOE-0TAK MONA」こと末茶藻中です。 もうすっかり年末の時期ですが、今年心に残ったアニメとしてはやはり『Extreme Hearts』でしょう。2022年の夏はこのアニメの記憶とともにあると言っても過言ではありません。 ce…

あなたにぴったりのアニメが見つかる! オススメアニメフローチャート

はじめに みなさん、アニメ見ていますか?2022年夏のクールも数十作のアニメが放送されています。更に今期は話題作・評判作も多くあって「どんなアニメを見ればいいかわからないよ~」と思っている方も大勢いらっしゃるのではないかと思います。私も全部見ら…

【萌え学】『咲う アルスノトリア すんっ!』のWMSランクの測定

みなさんこんにちは、萌え博士の末茶藻中です。 日々萌えの研究に勤しんでいる皆様にとって大きな萌えの源泉になるものといえば、やはり今期アニメでしょう。今期(執筆時は22年夏アニメ放送中)にも芳しき萌智をくすぐられる様々研究しがいのある萌えアニメ…

【舞台探訪】アニメ『ちみも』の舞台・鎌倉周辺を巡る(1~5話まで)

「朝アニメかと思った」「5分アニメかと思った」というファーストインプレッションに反して、深夜1:30とかいう時間ながら毎回リアタイをしてしまいたくなるぐらいめちゃくちゃ面白いと今季話題沸騰のアニメ、『ちみも』の舞台である鎌倉に行ってきました!カ…

【萌え学】萌えエネルギーの発生に関しての研究

みなさんこんにちは。「萌え博士」の末茶藻中です。 ――みなさんは日頃、萌えていますか? こういうことを言うと皆さん「こいつはとんだ時代錯誤なキモオタクが出てきたぞ」と思われるかも知れません。「萌え」というのは常に皆さんの隣にあるのですが、平成…

アニメ『BLUE REFLECTION RAY / 澪』における、The Smiths / Morrissey要素の解説と考察〈8〉(第22話~第24話)

いよいよこのシリーズも今回で最終回です。 結局一年ほどかかってしまいました……。 第22話 となりあわせの死(Death At One's Elbow) 第23話 すべてを手にしたきみ(You've Got Everything Now) 第24話 ブルー・リフレクション さいごに

アニメ『BLUE REFLECTION RAY / 澪』における、The Smiths・Morrissey要素の解説と考察〈7〉(第19話~第21話)

もう終盤です! このあたりは本当にアニメもかなり山場が多く、見直していてつい涙を流してしまいました。 第19話 見つけた、見つけた、見つけたよ(Found Found Found) 第20話 ギロチンのマーガレット(Margaret On The Guillotine) 第21話 まだ何ももの…

アニメ『BLUE REFLECTION RAY / 澪』における、The Smiths/Morrissey要素の解説と考察〈6〉(第16話~第18話)

後半クール第二弾です。ようやく完走が見えてきた気がしますね。 第16話 ラバー・リング(Rubber Ring) 第17話 エンジェル・エンジェル(Angel, Angel, Down We Go Together) 第18話 セメタリー・ゲート(Cemetry Gates)

アニメ『BLUE REFLECTION RAY / 澪』における、The Smiths/Morrissey要素の解説と考察〈5〉(第13話~第15話)

ここから後半クールの話題です。ようやく折り返しですが、円盤発売までには仕上げたいなと相変わらず気長に考えています。円盤がいつ発売するか未定ですが……。 第13話 サム・ガールズ(Some Girls Are Bigger Than Others) 第14話 言葉をなくした目撃者(Mu…

アニメ『BLUE REFLECTION RAY / 澪』における、ロックバンド・The Smiths要素の解説と考察〈4〉(第10話~第12話)

今回で前半クールの内容が終わりです。 進みがスロウすぎて放送終了から結構時間が経ってしまいましたが……。 そういえば恥ずかしながら今まで把握していなかったのですが、「ブルリフRのタイトルはほぼ『モリッシー詩集(訳:中川 五郎)』からの引用である…