日陰の小道

私のロジックは私みたいな話をしたりします

【Re:ステージ!】2019/08/25 KiRaRe Personal Musicリリース記念イベント 感想

行ってきた。CDリリース記念のミ二イベントではあるものの、リステでは初めてのイベント参加。
Re:ステージ!ドリームデイズ♪が今放送中なのだがこれがまあ非常に面白いアニメで、そのままサブスクで配信している楽曲を聞いたりしてものの見事にハマってしまった。



youtu.be

なんと無料で序盤のアニメが見られたり曲が聞けたりする。すごい。


今回のはポニーキャニオン新社屋3Fのイベントスペース。ポニキャ本社は確か武装神姫のOPEDか何かのリリイベで来たことがあり、それ以来になる。
あの時はイベントスペースが1Fだった気がするので、新社屋を訪れるのは完全に初。今年の4月とかに移転したらしい。
ロビーで(一番ずつ厳密に!)並ぶのはちょっと手狭だったものの、会場は結構立派なイベントスペースで驚いた。

イベント感想

f:id:cemetrygates1919:20190826001239p:plain
アニメのオタクとしてはかなりこれになりたかったので、2曲ずつやるのかな~などと考えて3回目のイベントにしたが、実際は全部6曲やってくれた。うれしい。


KiRaReのメンバーである、牧野天音さん、鬼頭明里さん、田澤茉純さん、立花芽恵夢さん、岩橋由佳さん、空見ゆきさんの6人が登場。5話の例のシーンっぽいサイクロップス先輩のようなサングラスを、田澤さん・空見さんの先輩組がかけて登場。一瞬エターナルでパーフェクトなバイブスの曲が流れ出して笑ってしまった。
ちなみに第一印象としては、当たり前だがアニメの子たちが小さいのでキャストさんが大きくてちょっとびっくりした(多分成人女性とかなのでそれはそうだぞ)


まずはトークコーナーから。
アニメのシリーズCD、かつ放送中でもあるということで、アニメの話なんかがゆるゆると語られる。
間近の『Don’t think,スマイル!!』のリリイベなんかもかなりの回数やってたようだが、非常に慣れたメンバーという雰囲気を私としては初参戦ながら感じ、安心感があった。
今日が丁度8話ということで、その話が多めだった。「前回KiRaReのお辞儀で終わったけどこれからどうなるか!? ひょっとして他のチームも……?」といった内容の思わせぶりな発言があったので、期待が高まった。今は実際見た状態だが、とんでもねえ回でした。
各キャストが持ち寄ったテーマを箱から引いて話していくコーナーもあった。印象的だったのは田澤さんのお題の、「次にソロ曲をやるならどのような曲が良いか」という話。気が早い話題だが……と付け足しつつも、語っておけば実現するかも? との前向きな発言がキャストから出る。実際ソロ曲はどれも良い楽曲揃いなので次にも期待したいところ。
確か挙げられていたのは、牧野さんはカッコいい曲、鬼頭さんは王道アイドルらしい曲、田澤さんが大人っぽい曲、立花さんはエモいバラード、岩橋さんも同じくバラード系で、空見さんはみいでなく実としての曲……という感じ、だったはず。
今回の路線とはまたちょっと違った方向での攻め方を皆さん期待しているよう。みい先輩の次のソロには生徒副会長モードで、という話が出たので、今度やる時は是非赤いメガネを付けましょう! などという演出案も出てきた。
他にも好きなお茶のは? との岩橋さんのテーマ(盛り上がらないと突っ込まれていた)にお茶狂いな一面を見せる牧野さんや、今日の夕飯は? という鬼頭さんの話題でラーメン研究会の部員が客席から声を上げたりとしていた。
今日の司会は立花さんが担当していたのだが、ゆるいトークを織り交ぜながら打ち切る時にいかにも打ち切りましたよという感じでバッサリ切るのでキャスト陣から「だんだん癖になってきた」という言葉が出るような不思議なリズム感があり、楽しかった。


さて続いてはライブパート。各キャラのペンラの色を知らなかったのでちょっとキョロキョロしつつ対応した。


3回目の1曲目は『ひと夜ひと夜にひとりごと』でしっとりとスタート。
優雅なリズムに乗せて手拍子が始まり、一体感を感じていた。田澤さんはこの中だと唯一シンデレラガールズのライブで拝見したことがあるのだが、あちらではソロ曲が存在しないので新鮮な気持ち。Cメロに入るとこで隙間がなさすぎて流石に歌唱が無理など地味に難しそうな曲だなと思ったが、軽やかなに歌われていて非常に楽しかった。部長ラップを生で聞けたのがかなり嬉しい。歌い終わったあとも優雅に挨拶をして去っていかれ、部長味が強く良かった。


2曲目は『For you! For みい!』で盛り上がる。
悲願のみいみい鳴くホコ天のオタクになれたので純粋に楽しかった。ハイ!ハイ!(い・く・よ!)みい!みい!になるんですね、サビでジャンプとかも入っていたし思ったよりも忙しい。
ラスト3回目ということもあってか空見さんも煽る煽る。「一番かわいいのだあれ?」のところ、オタクが思い思いの咆哮をしていた(今までの部で思い思いのコールをやろうという話になったとか)のだがさすがに急には思いつかなかったのでなにか考えておいたほうがいいかもしれない。これは唯一アニメに登場したソロ曲なので、空見さんがアニメを思わせる振りをしていたのもめちゃくちゃ嬉しかった。あの瞳のキラキラを手で作る決めポースも良かった。


3曲目は『Blooming, Blooming!』だったが、一生懸命歌う牧野さんに今日最もキャラクターを感じたかもしれない。
3回目ということもあってかちょっと苦しそうで、隙間でさっと水を飲んでいた姿が印象的(何故かオタクが盛り上がっていた、オタクは何を見ても盛り上がるので私も盛り上がったが……)
でもアイドル性っていうのは上手いだけでなくて、それはやっぱり式宮舞菜の姿でもあり。曲の良さも相まって、今日一感動的なステージでもあったと感じた。私咲くよ、何よりも大切な場所ができたからなんだよな……。


続く4曲目は『ロケット』が登場。
ストリングスと絡むロングトーンが印象的な曲だが、鬼頭さんの伸びやかな歌声が生でもよく映えていた。
しっとりした曲という印象だったが確かに改めて聞いてみると結構盛り上がる曲でもあって、間奏ではオタクコールも入って最後のほうは鬼頭さんもちょっと煽っていた。曲自体が「誰か相手」を想う感じの曲なのだけど、ソロステージでやると観客に向けたような趣が生まれ非常にオタク殺しな曲にもなるなあと気付きがあった。
歌い上げたあとの最後のあいさつの元気さで紗由さんのキャラクターを感じ、嬉しくなる。全部で思ったことなんだけど、キャラソンはやっぱりセリフが一緒に入るとムチャクチャに嬉しくなっちゃうんだよな。


ラストのシングルになった5曲目は『ガジェットはプリンセス』がいよいよ登場。
会場の音響だと当然CDよりも伴奏が爆音なので、電子音の激しさと立花さんのウィスパーボイスの対比が更に際立って中毒性のある仕上がりとなっていた。
真っピンクの会場の中、ゴリッゴリのリズムと共にひたすら可愛らしく歌う姿が目に焼き付いている。かなり盛り上がる反面オタクボイスが絡まないので、終了して夢から覚めたように一転歓声で満たされる会場もまた印象的だった。


トリを飾る6曲目は『せーので跳べって言ってんの!』だけどこれ完全にバケモンみたいな曲ですよ。
まあ音源を聞いたときからま~アガるだろうみたいな印象だったけれど、百聞は一見にしかずとでも言うべきか、想像以上のぶっ飛び。
これライブの前に椿本Pが「新社屋を壊されると無職になるので……」など冗談を交えつつ「ジャンプとかはほどほどに」みたいな注意をしていたのだけれど、前フリじゃない? というような盛り上がり。
せーので翔べでジャンプ、全力で跳べでジャンプ、ジャンプでジャンプ、せーので跳べって言ってんのだから仕方がない。冒頭でマイクが入ってないというアクシデントもあったのだが、出鼻をくじかれたことを払拭するようなパフォーマンス。岩橋さんはトークパートだとふわふわとした雰囲気が印象的だったので、正直ギャップで結構ヤラれてしまったね……。


そんなこんなであっという間に6曲は終了。丁度日曜ということで、最新話の8話を見ようね! という念押しを受けつつライブは幕引き。ライブが終わるとちょっとさみしいけど、今日はアニメがあるのでそうでもない! みたいなお話に、いやほんとうにそれだなあって思う。今まさにぐんぐんおもしろアニメが動いていることほど心強くて嬉しいことはない。
初参戦の身としては「ここまできた」という雰囲気のキャスト陣や観客にちょっと羨ましさも覚えつつ、今後はちょいちょい自分も観測する側に立てるといいなあなんて素朴に思った。実質無銭イベだったが大満足だった。
BDも購入したので、絶対に大宮の3rdに行きてぇな~~